« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

お知らせ

1)
ロボカップ2005 大阪世界大会の入場チケットをプレゼントを終了いたしました。
順次発送いたしますので、しばしお待ち下さい。

2)
6/20までにお申し込みいただいたDVDの発送が完了しました。
今回もお約束ぎりぎりになっちゃいました・・・お待たせしてごめんなさい。

お知らせ

1)
ロボカップ2005 大阪世界大会の入場チケットをプレゼントを終了いたしました。
順次発送いたしますので、しばしお待ち下さい。

2)
6/20までにお申し込みいただいたDVDの発送が完了しました。
今回もお約束ぎりぎりになっちゃいました・・・お待たせしてごめんなさい。

今週のオススメ ロボット動画

第28回「今週のオススメ ロボット動画」は、京商ホビーロボットの紹介です。
会場では、「クロイノみたいなの」という愛称で呼ばれていました。
世界初の段差を飛び降りる二足歩行ロボットの映像です。

KHR-1 1st アニバーサリー3

二足歩行ロボットキットのKHR-1 ファースト アニバーサリーにエントリーしました!
今回は近藤K子ちゃんではなく、別バージョンのロボットです。
バトルは初体験だから、どうなるかなー。
練習時間取れるといいなー。

ロボカップ ニュース

ロボカップ2005 大阪世界大会の入場チケットの前売りが開始されました。当日1200円が前売りだと1000円です。
ぴあ、KYODO OSAKA、コンビニエンスストア、イープラス、CNプレイガイド等で発売中。

robot-fan.netからこの入場チケットをプレゼントします。
希望者はページ下のメルアドに[ロボカップチケット希望]のタイトルで、メールを下さい。
・郵便番号/住所/お名前/希望枚数 を記載してください。
チケットは10枚あるので、先着順です。
でもなるべく大勢の方に見て欲しいので、希望者多数の場合は希望枚数に応じられないこともあります。
予めご了承下さい。

VisiONNEXTAを生観戦するチャンスですから、ぜひどうぞ!

感情お知らせメール

ドコモのNEC端末「N901iS」の感情お知らせメールって面白い。
メールの文脈から一番強い感情をピックアップして、22種類の絵文字で内容を表現するという。

この機能を二足歩行ロボットに入れられないかなー。
嬉しいメールがきたらスキップ、哀しいメールは泣きべそかいて。
メールが届くたびにロボットが、いろんなモーションで喜怒哀楽を表現してくれたら楽しい。

クロイノ君とか、アフロとかメタリックファイターやトコトコ丸にそーゆー機能がついていたら、同居人ロボットになって欲しいなぁ。

今週のオススメ ロボット動画

第27回「今週のオススメ ロボット動画」は、和歌山高専のロボットバトル風景です。
RoboOneとは違った、アットフォーム感があるイベントでほのぼのたのしめます。
ゲームも見ていて面白いんですよー!

ちょっと期待

久米宏さんが番組降板したいってゆったんだって?
えー、じゃ、後番組は??
当分はナイター中継とかあるにしても、特番とか、その後はー。

ワールド☆レコーズ復活?
それともどどーんとロボット新番組。

・・・いつ始まっても慌てないように、テレビの配線しておかなくちゃ(^^;

新着

イベント情報に3つ追加しました。
10月までイベントみっちりです~
最近になって、東京以外で二足歩行ロボットのイベントがあるというのが嬉しいですね。
「東京は遠いなぁ・・・」と見に行けずにいた方々の身近でイベントがあるといいなー と思います。

火星の夕焼け

2025年 月面に人型ロボットが生活する?
SF!? Robovie は私の勘違いだったけど、こっちはほんとのほんとになるかな?
なったらいいなぁ~

火星の夕焼けは青いんだって。
すごく幻想的な色です。

焼き焼き

DVD焼き焼き、DVD焼き焼き~~~、朝からやってるよ。

2枚に1枚とか、3枚に1枚の割合で書込エラーが出るよぅん(;_;)
いつも使っている国産メディアなのに。
購入したロットがハズレだったのかなー。
哀しいよー

お約束

リンクページを作る!
ただURLを並べただけじゃ詰まらないから、各ロボット紹介ができるようなリンク集にしたいです。
とゆーことで、準備開始しました。

宣言しておかないと日和っちゃうから・・・(^^;
↑〆切を言わないあたりがすでにひよひよ。

SF!? Rovovie

VstoneのサイトでSF-Robovieが紹介されています。
「SF」!! 宇宙空間で動くRobovie?
とか、想像しちゃいました。
・・・違いました(^^;

サンプル動画の人が歩くとちゃんとその方向を見るRobovie-Rが可愛い~。

リザルト追加

第2回Robo-One Dash & 宇宙想定大会 time trial レポートにリザルトを追加しました。

KHR-1 1st アニバーサリー2

二足歩行ロボットキットのKHR-1ファーストアニバーサリー Q&Aが公開されました。
出場者の方は要チェックです~
Q6に二足歩行なら、外装は動物型でもOKと書いてありました。
近藤K子ちゃん、セーフです。
だけど、武器は使用禁止だからムチは持てません(^^;

近藤K子ちゃんを貸していただいてイベントに参加するのと、撮影して遊ぶのとどっちが楽しいかなー。
う~~~ん。悩むー

今週のオススメ ロボット動画

第26回「今週のオススメ ロボット動画」は、・・・うふふふっ・・・。
なんとロボカップ世界大会二連覇を狙うVisiONNEXTAの動画です。
先日、日記にVisiON NEXTA誕生!を書いたら、動画をVstoneさんから寄稿していただきました。

報道発表にはない画角の映像もあるので、ぜひお見逃しなく!

DVD配布

二足歩行ロボットDVDの配布受付開始いたします。
今回は、
★第1回 ロボファイト大阪
★第44回 静岡ホビーショー
★RoboOne Dash & 宇宙想定大会 Time trial
を編集いたしました。

Dashは、製作者がロボットにどんな工夫をしてあるのかコメントがあったので収録してあります。

ロボットDVD配布についてを御一読の上、配布趣旨をご理解した上でお申し込み下さい。
今回の〆切は6/20(月)です。

れーポート更新

第2回Robo-One Dash & 宇宙想定大会 time trial レポートをアップしました。

キャラロボ

7/16-17にインデックス大阪で行われるキャラロボ2005の公式サイトができました。

kimeru(って、誰?)のステージがあって、コスプレイベントがあって、トイマーケットがあって、二足歩行ロボットバトルもある。盛りだくさんのイベントです。

開催趣旨を読むと、関西に今まで、ホビー・キャラクターの総合イベントがなくて、アニメ、SF、特撮などのマニアの方々は寂しい思いをしてきた。
そこで、関西初の総合キャラクターイベントとして開催するそうです。

うーん。
ロボットって、アニメ・特撮・コスプレのいわゆるアキバ系に統合されるのかー。
世間的にはそうなのかな?
私はちょっと違う路線で考えていたんだけど。

私はロボットは女性や子供ウケするコンテンツに育って欲しいなぁ。
親と子が一緒に作って、一緒に遊んだり大会に参加する、「親子コミュニケーションツール」といったホビーなってほしい。
レゴブロックよりちょっと対象年齢の高い「知育玩具」って位置づけになれば、おかーさんの財布の紐も緩みやすくなると思うし。

アキバ系ホビーとして定着しちゃうと、裾野が広がらないような気がする。

私はアニメもコスプレも好きだから、キャラロボは楽しみだけど、それはそれ・これはこれでロボットの今後に期待するものがあるのです

KHR-1 1st アニバーサリー

<p>二足歩行ロボットキットの<a href="http://www.kondo-robot.com/html/KHR1stANV.html">KHR-1 ファースト アニバーサリーの参加募集</a>が開始されました。<br /><br />レギュレーションを読んだら、<br />「外観がヒューマノイドタイプでない形状は失格となる」と書いてあります。<br /><a href="http://robot-fan.net/puzzle/p007.html">近藤K子ちゃん</a>は、兎タイプだからダメですか(・_;)<br />微妙にシースルなスカートも「公序、良俗に反しないもの」の項目に抵触するかもしれません。<br />あぅー。 </p>

只今、編集中

RoboOne Dashと宇宙想定大会の映像を編集中です。
競技としては、とっても地味だけれど、「歩く」という基本動作をじっくり見ることができる映像というのは、貴重だと思います。
これから二足歩行ロボットを作りたい人、製作中だけど最初の一歩を踏み出せずにいる人には、とても参考になるんじゃないかなー と考えてます。

そう思いながら、地味な編集作業に黙々と取り組むのでありました・・・
↑黙ってないじゃん(^^;

VisiON NEXTA誕生!

VisiON NEXTA誕生!

ロボカップ 2005 大阪に出場する、VisiONの後継機です。
単体で見ると、スケールがわからないけど、ニュースで初代VisiONと並んでいるのを見たらずいぶん大きくなっていることが判りました。
初代VisiONは、キーパーをする時に、横むきになってから前後方向に倒れてゴールを守っていたけれど、VisiON NEXTAはキッカーに対して正面を向いたまま横っ飛びに飛びます。
サイトに公開されてる動画が格好いい!
名前の由来「NEXT AGENT=次世代の担い手」というのも夢があっていいなぁ。

VisiONの8倍の情報処理速度を持っていて、けっこうおっさんぽい声でしゃべってました。
今夜は、ニュースをチェックしたら、VisiON NEXTAの声が聞けるかも。

専門職大学院

読売新聞にロボットを研究・開発する人材を養成する専門職大学院の設置のニュース。

速報

6/5に川崎産業振興会館で行われた「ROBO-ONE宇宙大会想定 time trial」と「第2回ROBO-ONE Dash time trial」を見学に行ってきました。

RoboOne Dashは厳密にはルールが違うけれど、SP大会でも同じような短距離走を行っています。
RoboOne SPではビーチフラッグ方式で、ロボットが寝ている状態から起きあがり、180度回転してゴールを目指すという競技です。
RoboOne Dashは、最初からロボットは立ち上がっていて、ゴールまで一直線に走りタイムを競います。
記憶で書いているので、後で詳細確認しますが、優勝タイムに関しては今回よりも「第1回ROBO-ONE Dash time trial」の方がよかったような気がします。
第1回は非公認最速記録も出ていました。
第1回と今回で大きく違うのは、センサーの使用です。
優勝したOmniZero、準優勝のHAJIMEROBOTはセンサーを搭載し、両機とも3回のトライを完走していました。
第1回ではセンサーで方向制御しているロボットはなく、練習時間に自分のロボットのクセをなんども微調整し、気合いで走り抜けるといったやり方でした。
練習で走ったのに本番ではコケるというのが多かったです。

HAJIMEROBOTはジャイロセンサーで方向を感知し、誤差の積載を補正しながら直進していました。
OmniZeroは画像認識でゴールの色を見つけてダッシュしていました。
両機体とも、全てのチャレンジを成功させているという安定性が素晴らしいと思います。
他には、ARIUSシリーズが足に「落ちまセンサー」をつけてチャレンジしていましたが、思うようにに働かなかったようです。

「ROBO-ONE宇宙大会想定 time trial」は、1秒遅れのカメラ画像のみを見ながら操縦するという競技です。
私はロボットの撮影に回っておりました。
操縦者、観戦者からの歓声にタイムラグがあるのが面白かったです。
ただ、同じフロア内でしきり1枚でやっているのが、ちょっと惜しい。
ロボットがコケた音はリアルタイムで聞こえちゃいますからねー。
これが聞こえないと、緊張感倍増してもっと面白くなったと思います。

1秒遅れだと意外とカンタンにクリアできることが判明したので、2回目からは3秒遅れの映像で操作することになりました。
後の2本とタイムの基準が違うので、各回の記録保持者3人で優勝決定戦をやるというルールに急遽変更になりました。


で、このあたりで私が酸欠。ほら、宇宙空間だから(^^;
「ゆ」にカメラを託して、部屋の隅でエアーシートにくるまって眠っていたので経過が判りません。
時々、盛り上がりの歓声で意識を取り戻していました。

前田さん、W優勝おめでとうございます。

今週のオススメ ロボット動画

第2回「今週のオススメ ロボット動画」は、第2回ROBO-ONE Dash time trialの動画です。
最速ロボット2体の走りをじっくりとご覧下さい。

サーバー移転を記念して(つーか、容量に余裕ができました)、過去のオススメ ロボット動画も一挙に公開です。
懐かしい映像や、見逃してしまった映像をお楽しみ下さい。

モーションメディアコンテスト

モーションメディア調査研究会が、「第一回モーションメディアコンテンツ作品コンテスト」を行います。

ロボットのモーションを「テキスト「音」「画像」「映像」に続く、第5のメディアとして捉えるという発想が面白いです。人間同士が、モーションでコミュニケートを取っているのだから、ロボットのモーションもメディアになり得ますね。

コンテストの趣旨と目的はとっても面白いと思うのだけど、作品募集開始から今日まで半年間、ロボット仲間の間で話題にならなかったのは何故?

赤十字のポスター

テレビがついていたり音楽がかかっていたりといった雑音のある環境でも、ロボットが人間の音声命令を認識できる機能をもった産総研のロボットがニュースになってます。
んー、静岡ホビーショーの時に松っちゃんファミリーも雑踏の中で、KHR-1を音声認識で動かしていたけど、どう違うのかなー。

私としては、このロボットが氷川きよしと一緒に日本赤十字の献血ポスターに出てたロボットだということの方がニュースでした。
あのポスター欲しいなー

お誕生日おめでとう

6/1はKHR-1の1歳のお誕生日でした。
おめでとう~~~~>>KHR-1
KHR-1があるから、二足歩行ロボットに初チャレンジしたという人も多いし、ホビーロボットという新しいジャンルを広めたのはすっごいことだと思います。
これからも、ロボットの楽しさをどんどん広げていって欲しいなぁ と願ってます。

誕生日を記念してのイベント開催も楽しみですね。
7/3 KHR-1 ファースト アニバーサリー
KHR-1を組み立てたけどイベント経験はなし・・・という人もどんどんチャレンジしてください。
みんなと遊ぶと楽しさ倍々増しますよ!
あと1ヶ月あるから、今からKHR-1を購入して組み立てても、大会参加には間に合います!

サーバー移行中

只今、サーバー移行中。
SPまでXX日・・・という表示が読めたら、それは新しいサーバーです。
見えた人は、伝言板に「見えたよ」とポン!って教えて下さい。

ロボカントリーフォー

二足歩行ロボット競技会 Robo-CountryIV ロボカントリーフォーにてルールが公開されました。

2010のロボット

家庭用ロボット、トヨタが2010年にも販売へというニュースがありました。

2010年ってすっごく未来な気がするけど、5年後ですね。
うーーーーん。
系列販売店向けのお客に飲み物を出すロボットは実現していそうな気はするけど、一般家庭には難しいんじゃないかなー。
家電製品並の価格も厳しい気がするし、それ以上にロボットと共生できる家(建築物)っていうのが一般化しないとならないと思う。
岐阜県が研究しているような視点ね。

介護をロボットに一任するのは難しいにしても、介護する人を補助するロボットは実現できると思うし、ぜひして欲しい。
今も100歳の母親の介護をする70歳の娘さんという現実があるし、今後はそうした例は増えていく一方なんだから、介護補助ロボットは絶対必要。
人 対 ロボットっていうんじゃなくて、人と人をつなぐロボットみたいなイメージで、家庭や社会の中にロボットが存在してくれたらいいなぁ と思う。

ロボットがPCや携帯電話のようなコミュニケートのツールになったら嬉しいな。

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • なかのひと