« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

エントリーNo.貼ろう運動

SISOさんが新型機にエントリーNoを貼った写真を公開されました。
格好いいです~!

J-Classに初出場する友達に「エントリーNo.貼ってね。」とお願いしたら、
「そこまでする余裕があったらね・・・」と言われました。
そんなに難しく考えなくても、マジックで大きく数字を書いてくれればいいよー
と、お気楽に言ったら
「駄目っ」

「じゃ、私が書いてあげるから」

「許さんっ!」

やっぱりロボット製作は愛なのねー。
あと5日、たっぷり愛情そそいでよいロボットを育ててください。>>皆様

ネットサーフィンして遊んでいたら、looksmartのカテゴリにRobot-fan.netが登録されていることを発見しました。
いつの間に~~~。嬉し~~~(^^)

「話題性に富むロボットを動画で紹介しているほか、ロボット入門講座でKHR-1作製時の写真を載せ解説。Robo-One大会のレポートも掲載。? 」

説明文の最後の?マークが微妙(笑)
「入門講座を早く完成させよ」という無言の圧力を感じる・・・(^^;

大阪ニュース

大阪市を映像コンテンツで紹介する「OSAKA BB NET」がオープンしました。

City CMが面白いです。ちょっと長いけど(^^;
伝統を守り育み、新しいモノも積極的に受け入れていく街という大阪らしさが伝わってきます。
最後にVisiONが大阪の街を背負って立つ!という感じで登場します。

大阪だけじゃなくて、ロボットの技術とコンテンツが日本を背負って育ってくれるといいな と願っています。

編集終了

DVD申込のコメント欄に、「地方在住なので観戦に行けません。映像が楽しみです」とか、「初出場で緊張していたから、対戦内容を覚えてないんです」とかコメントくださる方がいます。
ありがとう(^^)

誰かが待っててくれるんだー と思うから、地味ぃーな作業も続けられます。
と、ゆーことで、ようやく「GP in 秋葉原」「KHR-1ファーストアニバーサリー」の編集終了しました(^^)v

ROBONOVA-I

ROBONOVA-I(ロボノバ・ワン)の予約が ロボット王国で始まりましたね~~~。
私もデモ機を見ましたが、いい感じで動いていました。
「稼働時間1時間」というのが、事実だとゆーのがすごいです。

あんまり映りがよくないけれど、「No.030 本初公開!! RoboNova-1」の動画も参考にしてください。
モーションは練り込めばどんどんよくなるし、これからどんな風に成長するのか楽しみなロボットです。

応援ありがとう

久しぶりのキリ番ゲッターが現れました。嬉しいです(*^^*)

これからもコツコツ続けていきますので、応援よろしくお願いします。

ロボプロ in キャラロボ

夏休みのロボットイベントを3つ追加しました。
各地でロボットイベント盛りだくさん。
楽しい夏になりそうです。

ロボプロのサイトにキャラロボレポートが掲載されています。
SISOさんオン・ステージって雰囲気。
SISOさん、「でっきるかな」ののっぽさんみたいでいい味だしてます。

ロボガレージJACK

NTTDocomoFOMAで、ロボガレージJACKのコンテンツを見せてもらいました。

着モーションで高橋さんが照れてる。
照れてる、照れてる、照れてるーっ

「高橋さん、かわいいー」って思いました。

DVD配布

DVDの編集目処がつきました(^^) <=終わったと言わないあたり(^^; ということで、配布申込受付を開始いたします。今回は、
★GP in 秋葉原
★KHR-1ファーストアニバーサリー
を編集いたしました。

GP in 秋葉原には、製作者がロボットにどんな工夫をしてあるのかコメントがあったので収録してあります。

「ロボットDVD配布について」を御一読の上、配布趣旨をご理解した上でお申し込み下さい。
今回の〆切は7/31(日)です。

レポート更新

「KHRファーストアニバーサリー」のレポートをアップしました。

レポート更新

DVD編集に飽きてきたので、観戦レポート書き書き。まずは「GP in 秋葉原」です。
すっごく面白かったから、つい長文になってしまいました。

観戦の楽しさ、バトルの面白さを言葉で表現しきれないのがもどかしいです。

お薦め!

khr-01 KHR-1ユーザーの皆様には、モモガッチリ板:KHR-MGPの採用を推薦します(^^)/
回転とかダイナミックなモーションをやると、腿の部分のアルミ板が歪みます。

写真のように経験済みです。

これだけは、絶対、最初から装着しておいた方がいいです~~>>KHR-1ユーザーの皆様

訂正

編集終了したつもりでいた「GP in 秋葉原」。
まだ、チャプタメニューを作成していなかった _no

もうちょっとなんだけどな~~~

コンテンツ追加

ロボットフォースさんのご好意で、兎姉 KHR-1にチャレンジ!!へ、直リン貼らせていただくことになりました。

私がいつまでたっても「KHR-1 二足歩行ロボット入門講座」を書きあげないため、苦肉の策です。
こちらの連載は終了しているので、KHR-1に興味のある方は、御一読くださいませ。
感想なども聞かせてくださいね★

No.35 今週のオススメ ロボット動画

「今日のオススメ ロボット動画」は先日のGP in 秋葉原で披露された「Y・G・不知火 階段昇降」です。
めちゃ早いです。一見の価値有り。

8/7に開催される第3回ROBO-ONE Specialには、これよりいい成績を出せないと勝てません。
製作者の皆様、ファイト!!

編集終了

「GP in 秋葉原」は、編集終了でーす。
出場機体の名前が全部判っているので、編集しやすかったです。
トップ連のコメントは、今後の製作参考になる話が多かったので、収録しています。
一番最初にデモンストレーションをした「トコトコ丸」は、私のミスで撮影できませんでした。
ごめんね>>網野君


ロボカップ会場で気になったロボットがひとつ。
チラシのみなんだけど、JR PROPOの「RB1000 Debut!」です。
予価やスペックは書いてあるけど、発売時期は書いてない。
サーボは前田さんのOmniZeroと同じだと思うんだけどなー。

修正

な、なんかヘンだな? と思って確認したら、「世界のヒューマノイドロボット1」「世界のヒューマノイドロボット2」に同じ動画をUPしてました。
ご、ごめんなさい。
修正したので、「世界のヒューマノイドロボット2」をご覧くださいまし。

ロボカップ終了

ロボカップ2005 大阪世界大会が終了しました。
やれやれ、終わった~ という気持ちと、祭りの後の淋しさって感じがちょっぴり。
なにはともかく、TeamOsakaの2連覇おめでとうございます。
日経ニュースで知りましたが、中型リーグ、レスキューリーグも2連覇だそうです。おめでとうございます。

今回、あちこちウロウロしていて、VisiONNEXTAはじめ、ロボット達の活躍を満足に見ることができませんでした。
大和社長に「見られなくて残念だったんですー」と言ったら、
ROBOGARAGE JACKで動画が全部流れているよー」と言われました。
・・・私はボーダフォンだから見られないんだもん(;_;)
FOMAユーザーだけが見ることできる特典映像ですよ~~~ <=かなり口惜しい。

今日、見ることができて嬉しかったのは、ボークスさんのロボフィーのデモンストレーション。
起きあがり他、いろいろ見たのだけど、
「そんなの電磁吸着でなくちゃできないよー」というモーションでした。
RoboOneを見慣れている私としては、かなり新鮮でした。
ロボフィー・Neonが動いているのも見ることができて幸せ(^^)
高橋Neonのモーションはクール系なのに、ボークスさんがNeonにモーションをつけるとちょっとおちゃっぴいな雰囲気になる。

ロボットって、本当に作った人の性格が出るなぁ~~~ というのが判って面白いです。
ロボフィーも発売されたらモーションコンテストとかやって欲しいです。
ユーザーの交流からどんどん面白いモノが生まれてくる気がします。

ロボットフォースさんのはブースでバトルしたり、サッカーやったりしていつも黒山の人集りでした。
見たかったけど、なかなか時間が合わなくて最後しか見られなかった~~。

とにかく盛りだくさんのイベントでした。楽しかったぁ。
根性があったら、後で動画をアップしまーす


昨日、会場でお会いしたお友達の皆様。心配かけてごめんね&ありがと。
今日の私は復活しておりました(^^)

No.33 今週のオススメ ロボット動画

「今日のオススメ ロボット動画」はロボカップに出場している世界のヒューマノイドロボット その2です。
うーむ。デジカメでアップして撮影しているから画像が汚い・・・
VisiONNEXTAも頑張ってます。
結果だけ見ると、NEXTA楽勝!
という感じがしますが、試合後のインタビューによるとトラブル多発で必死の様子です。
「他のチームも毎日進化しているから、今日勝ったからと油断していると明日はどうなるか判らない」という大和社長の言葉が印象的でした
チームメンバーは連日徹夜だそうです。
徹夜はねー、RoboOneに限らず、マウスも相撲もどのロボコンも同じなので、驚きはしませんが、ロボカップは日程が長いから大変だろうなぁ。
ラスト1日、頑張ってほしいです。

昨日のテクニカルチャレンジを見たかったなぁ・・・ と、
今更ながら、しょんぼり。

もうひとつ見損ねて残念だったのが、ロボフィー・Neon。デモンストレーションで1回だけ動かしたそうです。見たかったよー(;_;)

お約束

「GP in 秋葉原」と「KHR-1アニバーサリー」は、来週末までに編集を終了します。

って、〆切を宣言しないと作業が進まないとゆーのが情けないなぁ。

No.32 今週のオススメ ロボット動画

「今日のオススメ ロボット動画」はロボカップに出場している世界のヒューマノイドロボット その1です。
VisiONNEXTAの大活躍はTVで見ることが可能だから、そちらに任せました。

ヒューマノイドリーグも参加チームが増えているし、各国、2年前と比較したら格段に進化しています。
ロボカップは他のリーグでは、日本は勝っていません。
日本が技術力の差をみせているのは、ヒューマノイドリーグだけなんじゃないかなぁ。

私は、大勢の人にロボカップ2005 大阪世界大会を見て欲しいな。
日本ってずっと不景気が続いていて、元気をなくしている。
だけど、ヒューマノイドリーグを見ると「日本の技術力ってすごい!」って思うことができる。
「ロボット」は日本が世界に送り出すことができる、技術でありコンテンツだ って、肌で実感できる。
ロボカップを見て、子供達には「いつか自分がロボットを創る!」って夢を見てほしい。
今、技術者として活躍している人には、「俺たちはすごい」って自信を持ってほしい。
ヒューマノイドロボットは、日本人が独自に持っている文化で、世界に発信できるものだと思う。

RoboGames開催決定

ROBOlympics 改め RoboGamesの次回開催は2006/6です。
昨日、ロボカップ2005 大阪会場で、主催者のDavidに会って、パンフレットいただきました。
出場者募集中!

ロボカップ速報

ロボカップ2005 大阪に行ってきました。
諸般の事情で本日は、イベントを自由に見ることが叶わず・・・
「おあずけっ」って言われたウサギ状態(・_;)

ヒューマノイドリーグは、Team Osakaが2連覇するなぁ って思いました。
だって、性能も安定性もダントツに違うもの。

今日のことで分かったのは、私は、チャンピオンデータを見たいわけじゃないんだなー ってこと。
私が見たいのは、各々のロボットが成長していく過程なのね。
「すごい」ロボットだけを見たいんじゃなくて、ロボットが進化していく様子を見ているのが楽しい。わくわくする。

そっかーだから私はおっかけやってるのかー って、やっと気づきました(笑)

・・・フィギュアファン待望 ロボフィーVS-1の動画カウンタがすごい。
通常、1週間で250~300程度なのに、一晩で500越えてます。
どどど、どーしたんだろう??
と思ったら、ボークスファンの方が私のサイトにリンクを貼ってくださった模様。
ボークスさんて人気あるんですねー と感心。

すると同時に、「二足歩行ロボットって、マイナーなんだなぁ」って改めて思いました。
せっかく思いがけないところからご縁ができたのだから、ちょこっと他の動画やレポートを見ていただいて、「二足歩行ロボット」に興味を持っていただけたら嬉しいなぁ。

神様、神様・・・

明日から、日曜までお天気が続きますように。
私は太陽エネルギーで駆動しているから、天気が崩れると落ちます。

誰か、私をバッテリー式に改造して下さい。

No.31 今週のオススメ ロボット動画

今日のオススメ ロボット動画」に「フィギュアファン待望 ロボフィーVS-1」をUPしました。

プレスリリース レポート「ロボフィーVS-1」もアップしたので、こちらも御笑読ください。

二足歩行ロボットに新しいホビーの波が来る予感がして、ゾクゾクっとしました。

No.30 今週のオススメ ロボット動画

今週のオススメ ロボット動画」は美味しいですよ~~。
たぶん、まだどこにも公開されていないRoboNova-1です。
・・・の割に画像が悪くてごめんなさい(^^;

2005/7/10(日)

ロボカップ ニュース

ロボカップ2005 大阪のスケジュールが公開されました。

来週は「今週のオススメ ロボット動画」じゃなくて、「今日のオススメ ロボット動画」になっちゃうかもしれません。

誕生日

今日は誕生日。
・・・たいした目標じゃないんですけどね(^^;>

応援部隊募集

ロボット撮影応援部隊大募集。
ROBO-ONE公式サイトにこそっと書いてあるけど、GPの2回目は8月21日キャラろぼで行われるそうです。
・・・イベントが3つ重なってるよー。
私はみんな見たいのにっ!!

私は香川の撮影に行きます。
誰か、ロボゴング大阪 、GP in キャラろぼ を撮影してきてくれませんか。

編集中

「RoboOne GP in 秋葉原」と「KHR-1アニバーサリー」のデータ取込が終了。
寝ている間に働いてくれるPCに感謝。
あとはぼちぼち編集します。待っててねー。

昨日告知したロボカップ2005 大阪世界大会 ICタグはお持ち帰りできるそうです。
携帯ストラップになるんだって。
可愛いよね~。欲しいー。

ロボカップ ニュース

トップのトピックスにも書きましたが、ロボカップ2005 大阪世界大会で、ICチップを使っていろんなことが体験できるそうです。

ちょっと、未来体験!? って感じ。
私は、あの可愛いICタグがお持ち帰り可能かどうかが気になっております(笑)

No.29 今週のオススメ ロボット動画

お待たせしました。
第29回「今週のオススメ ロボット動画」は、メタリックファイターの新技披露です。

さぁ、今から8回大会に向けて対策を考えよう!

情報あれこれ

手のひらにロボットを~~~♪
ロボガレージが新しいことを始めたらしい。ロボガレージ JACK

他にも、こんな記事。
クリック!
クリック!
クリック!
クリック!
クリック!
クリック!

VisiONNEXTAも頑張っている。
クリック!
クリック!
クリック!
クリック!

ごめん。落ちてる。
入金確認のMailすら滞っておりますが、お許しください。

レポート速報

【Robo-One GP in 秋葉原】
「弁理士の日」とRoboOneがどーゆー縁があって、イベント誘致なのかなー?
というのが疑問でした。
RoboOneに使われている先端技術は知的財産であり、技術者の財産として守られるべきであると。
なるほど。そーゆー関連ですか。
確かに技術者が労働力として十把一絡げに扱われる現実は多いものね。
自分の権利を自分で守るためには、技術者にとっても知的財産という概念は必要だよなー と思いました。

イベントは、さすがによりすぐりのロボットが集まっているだけあって、見応えがありました。
まずは各ロボットが2分間のデモンストレーション。
S字歩行できるロボットが増えていましたね~。
みなさんスムーズに高速に歩いています。
Y・G・不知火の階段昇降のスピードはすごかったです。

来場者は立ち見を入れて200人といったところでしょうか。
途中で、挙手アンケートをとりました。
「今までにRoboOneを生で見たことある人~?」1割くらい?
「ワールドレコーズで見たことある人~?」9割。
もひとつ何か質問して4割くらいが挙手したんだよな。
なんだっけ?
とにかくテレビというメディアの影響力はすごいですね。

面白かったのは、ロボットと操縦者の関係。
今回は菅原さんがアフロを。2325RVをSさんが、といつもと違うオペレーターがロボットを操縦していました。
操縦者が違うとロボットの性能が全然違うというのが、如実に表れていました。
どんなにいいモノを作っても、使いこなせなければ価値半減というのは、どんなモノにも共通して言えることなんだなー とかシビアに思いました。

アフロ、トコトコ丸は可愛らしさとTVでの知名度でやっぱり人気抜群でした。
でも、デモ終了後に一番大きな拍手を貰っていたのは、HAJIMEROBOT15だったと私は思います。
素晴らしい絵や優れた建築物を見た時に、その歴史的背景や専門的な技法についての知識がなくても「すごい!」と思うように、技術だって同じ。
本当にいいものは直感的にすごいと思う。
「受ける」のと「すごい!」と思わせるのは違う。
観客は技術的には素人だけど、素人にだって目はある。
素人の目は莫迦にできないし、素人相手だからごまかせない。

トーナメントはグレートマジンガァが予告通り優勝。
2位にアリウス。3位はダイナマイザー。
上位3位の操縦者は全て子供。
やっぱり子供の方が直感的に操縦できるのかなー。
子供と言っても昨日今日始めたわけじゃない、歴戦のキャリアを積んだお子らですから一階には言えないかもしれないけど。
ロボットが親子間コミュニケートツールとして家庭ホビーとして定着したらいいのになー と思う私には、嬉しい結果でした。


【KHR-1アニバーサリー】
通常のごとく無責任な観客撮影者の予定だったんですが、直前になってロボットフォースさんから操縦依頼がありました。
「足の遅い機体だから、どうせ予選通らないし」「撮影にはそんなに支障ないと思いますから」って話だったのに。
さくさく歩いて予選5位でした。
でも本戦は1回戦であっさり自爆で負けちゃいました。
社長から「接近戦モード使わなきゃダメだってゆったでしょー」とチェック入りました。
ごめんなさい。ちゃんとバトルしてたら、勝てたかもしれないのにねー。
相手さんは有線だったし。やっぱり有線って不利だなー って見ていて思ったもの。

以前、兎姉KHR-1にチャレンジ!!で、KHR-1を組立させていただいて。
今回、バトルに参加させていただいて。
やってみて分かったことは、「私はバトルには興味ないんだなー」ってことでした(^^;
自分で作ったK子ちゃんなら、もっと感想違ったんじゃない? とも言われたけど。
K子ちゃん作っている時にも、バトル用モーション作りたいと思わなかったし。
なぁ~~~んか、違うんだよなー。
参加者はほとんど顔見知りだし、いつもと同じなんだけど。
観客席じゃなくて、ピットにいると「ここは私の場所じゃない」って気がして淋しかった。
あの感覚は何だろう?

参加者として内側から見るものと、観客席から見えるものが違う。
レンズを通すとそれがもっとクリアになるという感じ。
「一度やってみたいなー」と「本当にやりたい」ことは違う。
私はやっぱり「観客」なんだなぁ と思いました。

イベント開始前のKHR-14機によるデモンストレーションは、以前と比較して数段スマートになっていました。
安定性も増しているし、見せ方もうまい。
ロボットを作る楽しみというのは、育てる楽しみなんだろうなぁ とこういう成長を見ると思います。

イベントは、予選が歩行競技。2回トライして記録のよい方を採用。
本戦はバトルトーナメントでした。
やっぱり、場数を踏んでいる人が強いですね。

KHR-1の予選や本戦の合間には、近藤科学さんのサーボモータを使用して作られた有名ロボットがデモやバトルを披露していました。
名だたるロボットばかりだから、当然、デモもバトルも面白い。
だけど、そちらがすごすぎちゃって、主役のはずのKHR-1が地味に見えてしまった気がします。
近藤科学さんは、"ロボット屋さん"じゃないから、当然、ウチのサーボモータを使用すればこんなにすごいロボットだって作れるんですよー というPRは当然なんだけど。
せっかくKHR-1のお誕生日イベントなのになー。
誰が主役かわかんないになっちゃうのは、ちょっともったいない気がする。


何するにしても体力は必要だなー。
健康じゃないと、遊んでいても楽しさ半減。
いろいろ反省の多い2日間でした。

No.36 今週のオススメ ロボット動画

やっと、「今週のSpotRobot」がアップできます。
「No.36 ロボフィー in キャラロボ」です。
可愛いロボフィー・Neonの動画も見られます。

レポートに「ロボフィー in キャラロボ」もUPしました。

ロボプロファンファンクラブカード

ロボプロファンファンクラブカードができました!
って、まだ公式サイトにも掲載されてない最新情報です。
年会費永年無料。
最大特典は、入会するともれなくVisiONかCHROINO君のフィギュアがもらえる とゆーことです。
ネットよりも早く手に入れたい人は、イベント会場で私に
「申込用紙ちょーだい」ってゆってください。

なぜか、手元にあるんだよねー(^^;

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • なかのひと