« 知らないのね・・・ | トップページ | Robo-One2010年 宇宙大会 参加者募集 »

日本古来のロボット

不思議発見展で、「からくり茶運び人形」を見てきました。
実物を見るのは初めてだったので、面白かったです。
ステージの後で、ブースに行ってじっくりみせていただきました。
どうやって、人形がUターンしているのか気になったので質問したら、
お姉さんが構造を詳しく説明してくれました。
ゼンマイやカムの使い方がすごい工夫されていました。

バク転するからくり人形も面白かったです。
階段をバク転して降りてくるんですよ。
Robo-Oneよりすごい! 次のSPでは、バク転で階段昇降ですよっ。
こちらは胴体に砂時計の仕組みが入っているということでした。
砂の代わりに水銀が入っていて、重心の位置を変えることでバク転をしている。
これは「オススメ ロボット動画」に動画をUPしたいな・・・と思っちゃいました(笑)

ステージの中で先生が、「日本人は昔からこうしたモノを作るという技術があったんですよ。君達にもその遺伝子があるんだから、モノ作りを楽しんでください。」とおっしゃっていたのが、印象的でした。

「からくり茶運び人形(普及版)」が38万円で、鉄人28号よりお高いというのには、驚いたです・・・。

« 知らないのね・・・ | トップページ | Robo-One2010年 宇宙大会 参加者募集 »

21_ロボット日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17907/8494198

この記事へのトラックバック一覧です: 日本古来のロボット:

« 知らないのね・・・ | トップページ | Robo-One2010年 宇宙大会 参加者募集 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • なかのひと