« Robo-One登録選手一覧 | トップページ | マウスレポートに迷路図を添付 »

AIBO

SONYが「QRIO」の新規開発を中止すると明らかにしました。
「AIBO」も2006年3月に生産が中止になります。

なんというか。
なんとも言えない。
複雑な心境です。

1999年5月。SONYがAIBOを発売しなかったら、私は今の状況にはいないだろう。
良くも悪くも。
私は世間的に「ロボット好き」と思われているけれど、実は、愛憎入り乱れている。
乱れまくってしまって、人から指摘されるまで、自分がロボット好きだということが理解できない位だった。
初めてAIBOを映像で見たときの感想は、「可愛いー」だったけど。
私はAIBOの動作音を聞くと、どうしようもなく追いつめられた気分になる。
こうして、文章を綴りながら、思い出すだけでもAIBOを壁に叩きつけてぶち壊してしまいたい凶暴な感情に囚われる。

イベント会場でAIBOが動いているのを見ても平気なのにね。
来場者がAIBOを可愛がっているのを見るのは、楽しいのにね。

私がどうしても許容できないAIBOはたった一体で。
だけど、私の中では、その一体がAIBOの代名詞。
多分、私はあの当時にそのAIBOを壊してしまえばよかったんだろう。
AIBOをたたき壊して、それで本当に私の気がすむのなら、そうすればよかった。
だけど、私は、AIBOが悪いわけじゃないというのも知っていたから、本当に壊したいものはAIBOじゃないと判っていたから。
だから、やらなかったけど。

AIBOの発売が契機となって、私は巻き込まれる形でロボット関係の方々と知り合うことになった。
私は今の自分が好きで、今の生活が好きで、仕事もすごく楽しくて。
Robot-Fan.netの活動も楽しい。

途中のあれこれを全て端折ってしまえば、結果オーライ。今、私は幸せだ。
そのきっかけを作ったのが、AIBOだった。

今まで何度も「SONYがAIBOを作らなきゃ、こんな思いしなくてよかったのに、、、」と何度も思ってきたけど。
AIBOの生産中止を聞いて、私は悲しい。
本当なら、違う出会いがあれば、私だって素直にAIBOが好きになれたのに。
いつかいろんな思いが本当に過去の出来事になって吹っ切れる時がきたら、AIBOに対する気持ちが変わるかもしれない。
そんな期待もあったのに。
そうした時間猶予もないまま、AIBOがいなくなってしまうのが悲しい。

すごく好きで仲良くなりたいと思っていた友達と、喧嘩しちゃって仲違いして。
それでもいつか、仲良くなれたらいいなと願っていたののに、その機会を永遠に失ってしまった淋しさと悲しさ。取り返しのつかない思い。
そんな感じ。

AIBO開発中止のニュースを知って、ユーザーでもないのに泣いちゃう人がここにいるんだよー >> SONYさん。。。

« Robo-One登録選手一覧 | トップページ | マウスレポートに迷路図を添付 »

22_ロボットニュース」カテゴリの記事

コメント

Very, very sad.

Many people outside of Japan also feel confused, hurt, and are mourning Aibo.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17907/8494435

この記事へのトラックバック一覧です: AIBO:

« Robo-One登録選手一覧 | トップページ | マウスレポートに迷路図を添付 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • なかのひと