« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

二足歩行ロボット NEX BOY プレゼントキャンペーン

ペプシから二足歩行ロボット NEX BOYを抽選で21名様へプレゼント。
内部構造はボークスのロボフィー。
外装がPEPSHI NEXオリジナルバージョンです。
PC、携帯電話からクイズに答えると当たります!!

クイズはとってもカンタン。
うーーーん。倍率高そう~~~。

応募はコチラから
応募フォームの
「このホームページをどちらで知りましたか?」 には、
robot-fan.net って書いてね!!

ロボスクエア ロボットバトル大会レポート

きゃのんさんから、先週、福岡ロボスクエアで開催されたロボットバトル大会のレポートを戴きました。

嬉しいです~~~。
もちろんリクエスト通りにOmniZero.2のDVDプレゼントしちゃいます>>きゃのんさん

DVD編集に気合い入りました(^^)

第6回Robo-One J-Classレポート

Naoさんから、第6回Robo-One J-Class参戦レポートをいただきました。

第6回Robo-One J-Classレポート

Naoさんから、第6回Robo-One J-Class参戦レポートをいただきました。

なごり雪

雪です。

桜もちらほら咲き始めているのに。

ちょっと遠回りして、雪見桜してきました(^^)

OmniZero.2 総集編DVD 全員プレゼント = 神の子のお告げ =

第9回Robo-One大会 OmniZero.2の総集編DVDを、ロボット製作者の前田さんにプレゼントしました。
Robot-Fan.netでは誰にプレゼントするの? と聞かれたので、
「大会レポートを投稿してくださった方へ、抽選で2名様へ」 とゆったら、

「全員じゃないんですか?」

えっ(^^;

う~ん・・・。前田さんにそう言われちゃったらな~~~
やっぱし神の子のお告げだし(笑)
と、ゆーことで。

OmniZero.2 総集編DVDをレポート投稿してくださった方へ、もれなくプレゼント。

さらに抽選で、第9回Robo-One大会セット、第6回Robo-One J-Class大会セットを各1名様にプレゼント。

太っ腹が乗り移ったかしら(笑)

OmniZero.2 総集編DVDの動画は、第9回Robo-One大会セットに全部含まれています。
けど、OmniZero.2の走りを徹底研究しようと思ったら、総集編は便利ですよ~。
研究したおして、第10回Robo-One大会にはもっとすっごいロボットが登場することを、めっちゃ期待しております。

レポート投稿詳細については、ロボットコンテスト レポート募集を参照してくださいませ。

※OmniZero.2 総集編DVDの発送は、配布と同時にいたします。

週刊! おもしろロボット動画 & 投稿レポート

GREEN EYES製作者のtom-iさんから、第6回Robo-One J-Class大会のレポートをいただきました。
投稿ありがとうございます。

レポートにあるようにGREEN EYESが1回戦でバトルしたのは、自律型ロボットのPetapinaでした。
バトルは迷走しちゃいましたが、新たなチャレンジがJ-Classから始まったというのは、見ていてとてもワクワクしました。
週刊!! ロボット動画に GREEN EYES vs Petapina の熱い(?)バトルを掲載しましたので、レポートと合わせてご覧ください。

ロボット大会のレポート募集中です(^^)

個人的な業務連絡

DVD編集作業がさくさく順調です。
気が乗らなぁ~~~い。やりたくなぁ~~い・・・作業が1件あると、他の作業の進捗がとてもよい(笑)
小心者だから、知らん顔するのは怖くてできないけど、他の作業していると、なんかガンバッてるような気がして、安心するのだった。
何も問題解決になってないし、結局、最後に泣くのは自分なんだけどな(^^;

私、ときどき思うの」に、とても個人的な業務連絡をあげました。

先日の第9回Robo-One大会は間際や当日、大会後に体調崩した方がいつもより多かった気がします。
森永さんの開発スピードに触発されて、みんなテンション上げすぎた??

好きだから、楽しいから、がんがんやっちゃうのも解るけど。
日常生活に支障をきたすようなやりかたしちゃ、あかんです。

私は、「頑張ってね~(^^)」と応援はするけど、無茶や無理は応援しない。

一人で無理無茶するならまだしも、好きなことを好きなだけやった後に、周囲の人に心配かけたり迷惑かけたりしたらダメです。

それをやったら、続きません。
実感を込めて断言します(笑)

世界平和の第1歩は家庭平和からだよー。
毎日こつこつ頑張ろうねぇ。

第9回Robo-One大会 予選リザルト

第9回Robo-One大会 予選リザルトをアップしました。
会場にて配布されたペーパーを元に私が入力しました。

このデータを元にして、DVDの編集をします。
なので、データミスを見つけたら、教えてください。
よろしくお願いします。

第9回Robo-One大会 レポート

第9回Robo-One大会のレポートをアップしました。
人形つかいさんがRobo-One登録選手一覧を再構成してくださっているおかげで、私の作業がどれほど楽になっていることか。
DVD編集前に必要な出走順やポイントのデータ処理が面倒で、いっつもやる気おきなくてたるたるしていたのー。
めっちゃ感謝しています(^^)>>人形つかいさん

ゆみ教授が飛び込み攻撃 規制案を出されていて、私の名前が出ているので、驚いてしまいました。
まだ、レポート公開してないのに、なんで私が書いたこと知ってるのー(@_@) って。

前にも話したことあったのね(^^;

Robo-One大会は、毎回大会後に、参加者や観戦者から、あれやこれやと委員会へ意見を伝えて、少しずつルール改正がされてきました。
これもひとつのRobo-One文化です。
第10回Robo-One大会を盛り上げるために、前向きな意見は委員会へ届けるのがよいと思います。

トップページ リニューアル(中)

我ながら、トップページが見づらくてイヤン(;_;) だったので、リニューアル中。
・・・って、新着情報をつけるだけのつもりだったのにぃー。
なんで、こんなにハマるかなー。
人形つかいさんから、アンテナのチェック待ち。
出来上がったものを見れば、たいして変わってないんだけど。
試行錯誤する時間が長い・・・

今日中に予選の編集が終わる筈だったのに。
いやいやいやいや。今日はあと、3時間残ってる。


と、ゆーことで。リニューアルしました。
少しは見やすくなったかなー。

呑むといろんなことが、どーでもよくなってしまうのは何故だろう(^^;;;;;;;;;;;;;

OmniZero.2 総集編DVDプレゼント!! 観戦/参戦レポート大募集

第9回Robo-One大会、第6回Robo-One J-Class大会の観戦/参戦レポートを募集します。レポート内容は、公開済みの記事と同じ内容でもOKです。
「ロボットコンテストって興味あるけど、見に行ったことないな~」
とか、「二足歩行ロボットやってみたいけど・・・」という訪問者が大勢いるRobot-Fan.netに、Robo-Oneはこんなにおもしろいよっ!!というレポートを集めたら、今よりもっと多くの方に、ロボットに関心を持っていただけるんじゃないかなー と思うのです。

レポートを投稿して下さった方の中から、第9回Robo-One大会、第6回Robo-One J-Class大会それぞれ抽選で1名様へ、OmniZero.2の予選、本戦、ランブルの模様を収めた特選DVDをプレゼントします。

締め切り:2006/4/9(日)
Robo-One大会 レポート募集

空き缶衛星 CubeSat

2010年にRobo-One宇宙大会を開催すると記者発表がありました。
詳細は森山和道さんの記事に詳しいです。

CubeSatって、空き缶衛星のことだよなー と思って、本棚ひっくり返しました。
「上がれ! 空き缶衛星」
この本、面白かったです。

LEDをマイコンで点灯させるのに、基板をいくつも燃やして数ヶ月かかった。
という文章を読んだ時に、
えー、それって(やったことないけど)日本橋でパーツ買ってきて回路図見たら、私でもできるよ? とか、ボケたこと思っちゃいました。
いやいや。現在の話じゃないんだよね。
1999年のことだものね。回路図も情報もなく手探りで開発していた って話なんだよね。

技術力というのは、壁にぶつかった時、それをどうやって解決するか、試行錯誤して乗り越える能力のことをいう。
技術を教えることはできるが、技術力は自分で体得するしかない。
といった趣旨の言葉があって、
私がいつも、欲しくて欲しくて仕方がなくってジタバタしている「技術力」というのは、それなんだよなー と思ったのでした。

自分の物には名前を書いておきましょう。

掲示板で、お久~なyosioちゃんがYouTubeのHSWR-07の情報くれました。
ほよほよ呑気にお返事書いて。
改めてリンク先を見たら。

ちょっと待てっ!

動画の中に、URLが書き込まれている。
もちろん、Robot-Fan.netじゃない。

最初にYouTubeにアップされたのは、私のとこの生動画だけど。
どっかのサイト管理人が、それに自分チのアドレス書き加えてオリジナルコンテンツのようなフリして、アップして。
それをまた誰かが、YouTubeに掲載した。
と。

yoshioちゃんが私に教えてくれたのは、そのことかー。
とようやく気付いたり << 鈍っ

なんだかなー。
人の持ち物に勝手に自分の名前書いて公表すんなよっ。ぷんぷん。
てゆったら、だったら最初からあんたの名前書いておけば? とか、言われちゃうんだろうな。
こーゆーことする人には。

いや(^^; 最初にYouTubeにアップされた時に「これからは、動画にはURL書き込もなくちゃなー」と思ったんだよねー。
で、やってみたんだよねー。
すぐ忘れちゃうんだよねーーーー。

うーん。自業自得(笑)
ま、動画に直リンされるよりマシね。

yoshioちゃんは、バイク系のお友達。
DR-Z400Sとゆーバイクをパーツ交換しまくり部品外しーので、軽量化している。おもしろいおにーちゃん。
現時点で、DR-Z400Sは、13477.5gの軽量化。
なんとゆーか、あー yoshioちゃんだなーって感じのサイト
ロボットの軽量化をしたい人には、参考になるかも。ほんとか?(笑)

関西Robo-One反省会

ロボットフォースさんの関西Robo-One反省会に行ってきました。

反省している方々へ、びしばしと愛のムチを奮ってきました(笑)
今回、33位~40位に位置している方々は、プレゼントークや構成を見直したら、予選突破できる!
上位メンバーのプレゼンは、やはり参考になります。
私がDVDを配布しているのは、大会参加記念品じゃなくて、次の大会のための研究資料なんだよ~。
有効活用してね☆

・・・お財布、忘れた。大反省(^^;

今週のオススメ!! ロボット動画

今週のオススメ!! ロボット動画は、2006/3/18-19にパナソニックセンター東京で開催された、第9回Robo-One大会の動画です。

私が(勝手に)選んだ第9回Robo-One大会 MVPの紹介。

優勝した(ご恩のある)マジンガアより先に、MVPでOmniZero.2を紹介しちゃうあたり。
情報の公共性を無視して、あくまで趣味に走る管理人です。
Robot-Fan.netは同人サイトだから、趣味でいーんだもーーーん(笑)

いや~~~~。でも、本当、見ていてカッコよかったの。>>OmniZero.2

第9回Robo-One大会は、面白いロボット、すごいロボットが豊作の大会でした。
しばらく、動画のネタに困らない。
とゆーか、どれから紹介しようか悩んじゃう。
嬉しい困ったを抱えているのでした。・・・眠(--)

ただいま。

太っ腹なまじんがあ隊の皆様、初優勝おめでとうございます。

今から、テープ読みこんで第9回Robo-OneのMVPの動画を発表したいと思います。
頑張るぞっと。

第6回Robo-One J-Class

第6回Robo-One J-Class 終了しました~。

アリウス2連覇おめでとう。
優勝決まった瞬間、母子の喜びのジャンプがよかったです。
決勝戦がスミイファミリー vs マルファミリーと、with ファミリー対決になったのがよかったです。

参加ロボット50体。
棒術あり、引き倒しありと技も豊富。
外装もバラエティに富んでいて、個性的なロボットたちが集合していました。

明日の第9回Robo-One大会も楽しみです。

頑張ってね(^^)/

いよいよJ-Class当日となりました。

皆さん、頑張ってくださいね(^^)/

RB1000 組立講座

RB1000組立講座を更新する予定だったのだけど・・・

CPUに電源を入れる前に、Robovie-Makerの説明をしなくちゃ。
とゆーことに気付きました。

自分が理解してないことは、人様に説明できない。

ということが判りました(^^;<<遅い

今日、更新できないと今週は無理です。
とゆーことで、1回休みます。

すみません。

今度は三脚・・・

先日、デジカメが壊れたと思ったら、今度は三脚が壊れました(><)
これは完全にメーカー保障期間外です。
速攻、ヨドバシに持っていったら、修理には3週間掛かるといわれました。
そんなん、Robo-Oneに間に合わないじゃんっ!
代替機を貸してもらえますか? と聞いたら、NO。

おにーさんが、メーカーの営業所に問い合わせてくれたけど、やはり代替機はないということでした。
でも、隣で電話を聞いていて私は思った。
甘い。
おにーさん、押しが甘い。

その場でメーカー本社へ直接TELして交渉しました。

修理できますか? =>できます。
来週までに直りますか? => 無理です。
代替機、貸して? => ありません。
新しいの買ってね? こと? =>・・・そういうワケでは、、、

でもね、修理できるけど時間がかかって代替機もない。そしたら、新しいのを買うしかないじゃない?
会話がループ。
私はこの三脚が気に入っているのにー。

結果、工場に直送すれば今週中に修理して返していただけることになりました。(^^)やったー。

修理すれば直るものを使い捨てにするのは、イヤなのよ(・_;)
この三脚は、たたんだ時のサイズが飛行機持込可で、最大長が167cm位と高い。
購入するときに、選び抜いたお気に入りなんだもーん。
今、これと同じモデルは販売してないから、私には、すっごく大切なアイテムなのでした。

3週間掛かるというわれた修理は、中2日で手元に戻ってきました。
これで週末からのRobo-Oneもばっちり撮影できます。
頑張るぞ~~(^^)v

ホワイトデーだよー

日付変更線を越えて、今日はホワイトデーです。

先日サイトを巡回していて、「今年は妻からバレンタインチョコが貰えなかった(:_;)」とゆー書込を見かけました。
それは、ヤバいっす。

バレンタインに贈り物をもらった人はもちろん、貰わ(え)なかった人も!! ホワイトデーの贈り物をお忘れなくっ。
お返しをするんじゃなくて、日頃の感謝を込めて ですよ~っ。
Robo-One大会直前のテンパった時だからこそ、お身内への気配りをお忘れなく(^^)

今週のオススメ!! ロボット動画

今週のオススメ!! ロボット動画を更新しました。

いよいよ第9回Robo-One大会が今週末に迫ってきました。
製作者の方々のサイトを巡回していますと、皆様が最後の追い込みを掛けているのがひしひしと伝わってきます。
頑張ってくださいね(^^)

今週、紹介するのは、その第9回Robo-One大会に出場する、吉村さん製作のR-BuleXです。
吉村さんのサイト  SuperMachine に開発経過とともに公開されている動画を許可をいただき編集しました。

第9回Robo-One大会には、このR-BlueXを始め146体の二足歩行ロボットがエントリーしています。
ぜひ会場まで足を運んで、ホビーストが製作した最新二足歩行ロボットを多くの方に見て頂きたいと思います。

●第9回Robo-One大会
開催日時:2006/3/18(土)11:00~
会場:パナソニックセンター

大会詳細は、Robo-One公式サイトを参照してください。

RB1000 組立講座

RB1000組立講座を更新しました。

いよいよ前田さんロボットの真骨頂ともいえる「2軸サーボ」の組立です。
左右パーツが似ているので、注意が必要です。
「2軸サーボ」組立は、手順に沿ってやれば難しくありません。

「2軸サーボ」は、CPU接続のサーボ番号が順列のもの、逆順のものがあります。
2軸サーボ(1)、2軸サーボ(2)が、RB1000の左右に割り振られているため、ロボットの全身を組み立てる時に、注意が必要になります。

後々、戸惑わないためにも、サーボとコネクタに番号を振っておきましょう。
毎回しつこく言いますが、これは絶対に必要なことですよ~(^^)

ココログの長い1日

さてさて。
一昨日は1日中、ブログの更新ができませんでした。
「三月兎のロボット・ファン。ねっと」は、ほぼ毎日更新しているけれど、抜ける日もあります。
だから、1日更新できなかったから、「すっごーく困る」というわけではありません。
まぁ、早くエントリーしたい記事があったから、1日中やきもちしていて、ストレスを感じたのは事実ですが、、、。
自分の意志や都合で更新しないのと、プロバイダの都合で更新「できない」のとでは、大きく違うわけですね。

そもそも、今回のトラブルの発端は、3/8(水)のサーバーメンテナンスに起因します。
負荷軽減のためデータベースのチューニングを行ったところ、メンテナンス終了後、サービスを開始したら負荷が急増するという障害が発生しました。
スケジュールでは、メンテナンスは15:00終了でした。
それが、18:00まで延長。
その後、21:00まで再延長。
11時間ブログ更新できなかったユーザーが、メンテ終了後に「いっせ~のっ」と、アクセスしたら、負荷が急増するのは当たり前ですね。

NIFの説明によると、
負荷が急増した原因は、データベースの「ロック」の件数が急増したためです。
「ロック」とは、複数ルートから同一箇所に向けて異なる内容の更新依頼が発生することによるデータ上の矛盾発生を防ぐために、更新中のデータは他ルートから更新依頼をかけられなくするという機能です。
と、いうことです。

続報を読む限り、負荷がかかったのは「管理ページへの同時ログイン数」によるものらしいです。
複数人がエントリーを掛けるブログで、同時に書込しようとすると、ロックに負荷がかかるんでしょう。たぶん。
ログイン数を制限することで、トラブルは収束に向かいました。
ココログの場合、「プロ」ではライターが10人設定できます。
一番高いプランを契約している方達が、トラブルの原因=>収束後もアクセス制限掛けられるというのは、なんとも納得いきませんね。

今回、ココログさんは、10日の午後に「20060310障害情報報告ブログ」を立ち上げ、ユーザーへの報告の場を用意しました。
相当、テンパっているであろう現場の中で、ブログを立ち上げたのは評価できます。
もっと早ければよかったなー・・・ と思うけど。
担当者も、こんなに長引くとは予想してなかっただろうし。
トラブルの最中はテンテンッパリだろうしねぇ。
いやぁ~~~、他人事だけど。
担当者様の心中を考えると、心から同情申し上げます。
私なら絶対、泣き入れてるもーーん(^^;

いちおー、「ぷろぐらま」として仕事をしたことがあり。
自分責任のアプリを納品した経験を持っていると、ほんと、あわあわな状況が痛々しくて。

だって、クレームコメントや、トラバでの糾弾の仕方が容赦ないんだもの。
ブログが日本に渡ってきたのって、2002年後半です。
まだこの1~2年の技術じゃない。
しかも急激にユーザーを増やしているんだし。
先端技術をリアルタイムで支えている人の試行錯誤って、めっちゃすごいでしょう。
私の想像を絶する位。

けど、「私、使う人」という立場のユーザーさんは、そうした先駆者の試行錯誤や苦労を想像することもできないのね。。。
それって、思いやりとか優しさとかゆー問題じゃなくて。
単純に想像できないから、、、、なんだろうなぁ。
と思います。

仕方ないと言えば、仕方ないのかなぁ。
最初から「動いて当たり前」と提供されていたものが、突然、動かなくなったら、
「なんでっ!?」と思うもの。

けど。技術の進化って、いつだってそういうトラブルを乗り越えてきた筈なんだけどねぇ。
テレビだって、最初は1日に1時間しか稼働しないとか。
電話が、車が、産業用ロボットが、、、
導入当時のトラブルエピソードは事欠かない。

ネット技術も同じなんだけどなぁ。

とかなんとか、書いているウチに、メンテナンス第二弾が始まるらしい。
11日15:00までの予定。
とりあえず、ここまでの分アップしておこっと。

・・・と、思ったら、メンテ対象はココログではなくて、「20060310障害情報報告ブログ」が使っているTypePadの方だった。
自社のサービス以外を使って、ブログ立てるなんて屈辱だろうなぁ・・・。
頑張ってね。>>担当者様

Robo-One打上げ 参加受付

企画詳細:第9回RoboOne大会打上予告
参加表明はこのエントリにコメントしてください。

会場:創作厨房 インディ
URL:http://r.gnavi.co.jp/g647900/
宴会日:2006/3/19(日)
開始時刻:19:00~
定員:27名
会費:5,000円(2時間 飲み放題)

セグウェイに試乗しました(^O^)

今週のオススメ!! ロボット動画を更新しました。

3年越し(?)の夢が叶って、セグウェイに試乗してきました。
不思議な感覚の乗り物で面白かったです。

Robo-Oneツアー

国際急行観光さんが、第6回Robo-One J-Class、第9回Robo-One大会のツアーを開催しています。
「応援ツアー」と銘打ってありますが、参加者でもOK~なスケジュールになっています。
メールで希望を伝えると、旅程をアレンジしていただけます。
私は帰りを夜行バスに変更していただきました。<<打上対策(笑)

既にネットからは予約が取れない東京ベイ 有明ワシントンホテルに宿泊できるというのが嬉しいです~~(^-^)v
アクセスが便利なんだもの。

今なら、ツアーにまだ空きがあるということです。
定員は限られているので、お問い合わせはお早めに!

アフロを探せっ

all_images 自分で落書きした絵と、似たようなイメージ、配色の映像を検索してくれるサイトです。
http://labs.systemone.at/retrievr/

おもしろいから、「アフロを探せっ」とチャレンジしてみました。
右列下から2番目は、似ている・・・かな?

RB1000 組立講座

RB1000組立講座 を更新しました。

1軸サーボを組み立てて、両腿、両肘のパーツを作ります。

しつこく繰り返しますが、組み立てたパーツには、その場でラベルを貼りましょう。
左右対称の似たようなパーツが多いので、後から見分けるのが、結構、面倒です。
「えっと、これは・・・」と、何度も考えるくらいなら、ラベルをペタっと貼っておくほうが、絶対、工数節約になります。

ちょっとしたことだけど、ポイントの高いtipsです(^^)

RT様よりプレゼント

中川さんから書き込みがありますように、「今週のオススメ!! ロボット動画」 No.070 アーム <=>KHR-1 相互間ロボット へいち早くコメントをくださったかずさん、原さん両名へ、プレゼントがあります。
なんと、ロボットアームフレームキット(RT0001) 販売価格:26250円 です。

原さんはコメントに連絡先を残してくださっているので、追ってメールいたします。
かずさん~~。私宛にメールをください。よろしくー。

1日から、RTのショッピングページでミステリーバザーが開始されました。
覗きに行って、思わず「安っ!」と叫んじゃいました(・O・)

サービスロボット市場は、なぜ一向に立ち上がらない?

というエントリを見つけました。
もう討論は終わっていますが、私が思うこと。
ちなみに、私なりにマジメです。


[サービスロボット市場は、なぜ一向に立ち上がらない?]

それは、ロボット開発に携わる人達が、とってもマジメだから(笑)
とゆーのは、ひとつの答えになりませんか?

サービスロボットというのは、「公共分野」「医療・福祉」「生活分野」など非産業分野におけるロボットの総称らしいです。
元記事にも書いてあるように、シーズ(技術の種)があっても、ニーズの無い商品は売れない。

家庭に入ってくるロボットに対して、女と男では期待がまったく違うなー と思います。
女性は要求がシビアです。
女性が家庭に欲しがるロボットの機能。掃除・洗濯・アイロン掛け・料理・買い物 etc・・・
「実用的なロボットが欲しい」というのが、女性です。
しかも希望価格を伺うと、1万円~10万円。
女性のニーズを現在の技術で(かつ、その金額で)叶えるのは、困難です。

それに対して男性は「実用的じゃなくてもいいから、”ロボット”が欲しい」と考える人がいます。
まず、ホビーユーザーの皆さん。
今、発売されている二足歩行ロボットキットを購入して、自分で組立てモーションを作って楽しんでいる層。
実用的ではなくても、ホビーとしてのロボットに、10万円以上投資するのが男性です。

その他に、面と向かって「欲しいっ!」といわれたことはないけど、潜在的に要求が多い分野。
ネットの書き込み等を見ていると、「欲しがっている人は多いよなー」と思うのは、メイドロボット。
メイドロボットとゆーより、ぶっちゃけ、セクサロイド。

オリエント工業等のリアルなお人形さんが、20~60万で発売されていると知ったときに、私は、「モーター入れて、動かせばいいのにー」と、素直に思いました。
首に萌え軸搭載して、Robovie-Rの「だいすきー」ってハグ機能をつけて。
発話機能つけて、好みのネット声優の声をダウンロードできるようにして。
ワンパターンでもいいから会話ができるようにする。
なによりこのロボットは「歩く必要がない」というのがいいじゃない(笑)

と、ゆーことを言うと、女友達が顔をしかめたりするんだけど。
私は、「別に、いーじゃーん。」というスタンスです。
自分の彼氏が購入してたら、ちょっと考えるけど(^^;

VHSビデオが普及したのって、アダルトビデオと裏ビデオがあったからだし。
パソコン通信だって、インターネットだって、アダルトコンテンツなしではこれほど広がらなかった。
社会問題になりながらも、インターネットからアダルトコンテンツがなくなることはない。
「売春は世界最古の職業だ」といわれるけど、逆に言ってしまえば、「売春は世界最古のニーズ」なわけでしょ。

そして、今でも確固としたニーズがある。とてもわかりやすい。
シーズがあってニーズもある。
にもかかわらず、どうしてロボット業界だけ、このニーズに対して、見て見ぬふりするのか、私は不思議です。

私は、ちゃっちゃとセクサロイドを作って販売して欲しいと思っています。
きっと買う人はいる。
そして、ユーザーからの要望に応じてバージョンアップを続けるうちに、セクサロイドはメイドロボットに進化するでしょう。
「優秀なメイド」に育った暁には、機能にシビアな女性が「こーゆーロボットが欲しかったの」と言って、ユーザーになります。

というのが、私が考える「生活分野にロボットを普及させるための青写真」なんですけど。
私は、家事全般やってくれるようなロボットが実現したら嬉しいな~ と思います。
そのための過程は問いません(笑)

3月の標語

慌てても間に合わない。
間に合うように始めよう!!

・・・耳が痛い人、多いよね。
ゆってる私は口も痛いし、耳も痛いです。
えぇ、自分自身に言い聞かせています(><)

みんな頑張れぇ~
私も頑張るぅ・・・

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • なかのひと