« 3月の標語 | トップページ | RT様よりプレゼント »

サービスロボット市場は、なぜ一向に立ち上がらない?

というエントリを見つけました。
もう討論は終わっていますが、私が思うこと。
ちなみに、私なりにマジメです。


[サービスロボット市場は、なぜ一向に立ち上がらない?]

それは、ロボット開発に携わる人達が、とってもマジメだから(笑)
とゆーのは、ひとつの答えになりませんか?

サービスロボットというのは、「公共分野」「医療・福祉」「生活分野」など非産業分野におけるロボットの総称らしいです。
元記事にも書いてあるように、シーズ(技術の種)があっても、ニーズの無い商品は売れない。

家庭に入ってくるロボットに対して、女と男では期待がまったく違うなー と思います。
女性は要求がシビアです。
女性が家庭に欲しがるロボットの機能。掃除・洗濯・アイロン掛け・料理・買い物 etc・・・
「実用的なロボットが欲しい」というのが、女性です。
しかも希望価格を伺うと、1万円~10万円。
女性のニーズを現在の技術で(かつ、その金額で)叶えるのは、困難です。

それに対して男性は「実用的じゃなくてもいいから、”ロボット”が欲しい」と考える人がいます。
まず、ホビーユーザーの皆さん。
今、発売されている二足歩行ロボットキットを購入して、自分で組立てモーションを作って楽しんでいる層。
実用的ではなくても、ホビーとしてのロボットに、10万円以上投資するのが男性です。

その他に、面と向かって「欲しいっ!」といわれたことはないけど、潜在的に要求が多い分野。
ネットの書き込み等を見ていると、「欲しがっている人は多いよなー」と思うのは、メイドロボット。
メイドロボットとゆーより、ぶっちゃけ、セクサロイド。

オリエント工業等のリアルなお人形さんが、20~60万で発売されていると知ったときに、私は、「モーター入れて、動かせばいいのにー」と、素直に思いました。
首に萌え軸搭載して、Robovie-Rの「だいすきー」ってハグ機能をつけて。
発話機能つけて、好みのネット声優の声をダウンロードできるようにして。
ワンパターンでもいいから会話ができるようにする。
なによりこのロボットは「歩く必要がない」というのがいいじゃない(笑)

と、ゆーことを言うと、女友達が顔をしかめたりするんだけど。
私は、「別に、いーじゃーん。」というスタンスです。
自分の彼氏が購入してたら、ちょっと考えるけど(^^;

VHSビデオが普及したのって、アダルトビデオと裏ビデオがあったからだし。
パソコン通信だって、インターネットだって、アダルトコンテンツなしではこれほど広がらなかった。
社会問題になりながらも、インターネットからアダルトコンテンツがなくなることはない。
「売春は世界最古の職業だ」といわれるけど、逆に言ってしまえば、「売春は世界最古のニーズ」なわけでしょ。

そして、今でも確固としたニーズがある。とてもわかりやすい。
シーズがあってニーズもある。
にもかかわらず、どうしてロボット業界だけ、このニーズに対して、見て見ぬふりするのか、私は不思議です。

私は、ちゃっちゃとセクサロイドを作って販売して欲しいと思っています。
きっと買う人はいる。
そして、ユーザーからの要望に応じてバージョンアップを続けるうちに、セクサロイドはメイドロボットに進化するでしょう。
「優秀なメイド」に育った暁には、機能にシビアな女性が「こーゆーロボットが欲しかったの」と言って、ユーザーになります。

というのが、私が考える「生活分野にロボットを普及させるための青写真」なんですけど。
私は、家事全般やってくれるようなロボットが実現したら嬉しいな~ と思います。
そのための過程は問いません(笑)

« 3月の標語 | トップページ | RT様よりプレゼント »

コメント

ほしい人、けっこういるでしょうね。
作ってくれ、という人もいましたよ。

でも、ユーザーテストできないんですよ、
こういうの。難しいです。
それに、なんかあったとき、PLで保証する
のとっても大変です。

等々、作るサイドからいうといろんなハードル
があるんでございます。

ではでは

ユーザーテストは考えなかったなぁ・・・(^^;

けど、ウォシュレット開発の話とか、生理用品開発の話を読んでも、ちゃんとやってるんですよねー。
最初にテストするのは、社員さん(笑)

どっか、やらないかなー。

映画の『A.I』ではありませんけど、究極はそこなんでしょうね。
とある大学の先生が『行き着く先、エンタテイメントの究極はエロだ』とハッキリ仰ってました。

技術革新の原点、『”戦争”と”エロ”どっちとる?』って言われたら、少なくとも僕は後者ですねぇ(苦笑)。

ROBO-ONE参加者ほどメーカーに親切なユーザー層はいないとつくづく思い知らされる今日この頃です。

一般家庭用のおもちゃとして売れるロボットって、無茶苦茶条件がきつくて大変です。「人を傷つけちゃいけない、自分が壊れてもいけない」ってんで・・・
少なくとも「サーボは消耗品」なんて言葉がまかり通ってるようでは、これ以上市場は広がらないと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17907/8901566

この記事へのトラックバック一覧です: サービスロボット市場は、なぜ一向に立ち上がらない?:

» 【執筆】日刊工業新聞RT [【ミナログ】製造業社長の逆襲]
先日、日刊工業新聞社依頼【ブログ討論会】「φサービスロボット市場はなぜ一向に立 [続きを読む]

» “世界一美しい”女性型ロボット「FT」発表 [Future is mild]
ロボ・ガレージから女性型ロボット"FT"(Female Typeの頭文字をとったもの)が発表されました。 “世界一美しい”女性型ロボット「FT」発表 4月7日、京都大学ベンチャー、ロボ・ガレージは、細身の美しい外観としなやかな動きを特徴とする女性型の小型二足歩行ロボット「...... [続きを読む]

« 3月の標語 | トップページ | RT様よりプレゼント »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • なかのひと