« WL-16R III | トップページ | MCさんにお願い。 »

ロボファイト3 ORC

ロボファイト3 ORC部門に行ってきました。
楽しいイベントだったのだけど、唯一、「ヒキョウモノ判定」が出てしまったのは、残念なことだと思う。
この概念は、全く新しいものであり、前例がないから、レフリーも戸惑いがあったのだと思う。

けれど、一旦、コールをして勝利が確定したものを、休憩時間をはさんで再試合するのは、いかがなものか?
再試合は参加者からの申し入れではなく、主催者判断によるというのも、ヘンな話だ。
試合中にレフリーのジャッジについて、「審判の判定は絶対です」と解説しているのが、説得力を失う。
再試合によって出た結果は、勝ったほうも負けたほうも複雑な思いが残るだけだと思う。見ている観客には、ワケがわからない。
こういう後味が悪いのは、イヤだ。

参加者を募るイベントは、レギュレーションの定義やルール作成が難しいのは承知している。
公平不公平は議論を重ねても、「絶対これが正しい」なんていう結論はでない。
主催者の想像や思惑を超えるできごとは、いつでもおこりうる。

ほんとーにイベント開催は大変だと判っている。

例外処理を考えてルール制定したつもりで、それを超える事態や、予想外の機体が現れた場合、その場では、現行ルールの中で受け入れるしかないんじゃないだろうか。
イベントが始まったら、今回の予想を越えた部分については、次回対処するしかないと腹をくくる以外、できることはない。
対策が後手後手に回ってしまうのは、いたし方ないんである。

にしてもね。

参加者も考えようよー。
「ヒキョウモノ判定」が出るのって、よっぽどだよ????
戦法に「ヒキョウモノ判定」が出たのなら、その戦法を取らなければいい。
機体コンセプトに判定が出されたんなら、どうすべきなのか、自分で考えようよ~~~。
その後に続く敗者復活戦も特別ルールの設定や、ジャッジやが、あまりにあからさまでなんだかなーって感じになっていました。

ご本人はそういう対戦って、やっていて楽しいのかなぁ?

見ている方はつまんないけどね。

もちょっと、場の空気を読もうよー。

それ以外は、とても楽しかったです。

« WL-16R III | トップページ | MCさんにお願い。 »

22_ロボットニュース」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは。いずみかわです。
 5日は昼の準決勝からしか見ていないのですが、およそ想像はつきます。

 ロボファイト・ロボゴングのレギュレーション上は、外観として「人型をイメージさせるもの」とあります。
http://www3.llpalace.co.jp/robo/FightGong.htm#Sanka04

 それであれば写真や完成予想図など、イメージの提出を必須にすべきなのかもしれません。
 それなら事前にチェックできますし、事前に本人にも連絡が出来そうです。

 「イメージ」というのが客観的ではなく、人によって基準が違うかもしれませんが、ロボットフォースのイベントは「二足で歩く機械」ではなく「子供たちの憧れのロボ」を求めているのだと思います。
(あえて"ロボット"ではなく"ロボ"と表現しています。XXロボ、○○ロボの"ロボ"です。)

 そういう意味では、シンプルファイターやトリッキー、ウィアード7も厳密には人型をイメージできるものではありませんが、見ていて楽しい物はアリだと思います。

 ロボファイトでは、事前審査・予選も無いわけで、単純に物理的に「強い」モノを作ろうと思えば、いくらでも作れてしまうため、参加者側での意識の持ち方や線引きは重要だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17907/9918246

この記事へのトラックバック一覧です: ロボファイト3 ORC:

« WL-16R III | トップページ | MCさんにお願い。 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • なかのひと