« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

サーボの話

ロボット系じゃない友人から、「サーボモータって、モーターと何が違うの?」と質問されました。

??
え?
モータとサーボモータって違うの?? サーボってゆーのが、モーターなんじゃないの?

「・・・モーターって、なに?」とオウム返しに質問しちゃいました。

モーターって回るんだって。
ぐるぐるぐるぐる回るのがモーターだって。

へーーーー。そうなんだー。

サーボモーターっていうのはねー、何度動きなさいって指令を出して、その角度分だけサーボホーンを回すことができるの。
だから、ロボットの手や足を指定した位置に動かしてポーズをつけたりできるんだよ。
サーボモーターはギアの歯単位でしか角度指定ができないけど、ステッピングモーターはもっと細かく指定できるの。

という説明をしたけれど、あってるかなー?

そういえば「ギアドモーター」っていうのもあったなぁ?
あれはなんだろう?

毎日こつこつ

あちこちから「RB1000講座の続きは~~~?」と、督促をいただいております。
パス1が長くてスミマセン・・・

実は、サイト更新をラクにしたいなー って思って、ツールの導入を検討中です。
公式サイトには「インストール5分。カンタンに使える」って書いてあったのに。
嘘っこきっ~~~ と、
ぷんすかぷんぷん しながら、毎日、学習中なのです。

私はひとつのことを毎日こつこつやることはなんとかできるけど、あれとこれとそれを同時進行でこつこつはできないのでした・・・。ごめんなさい。
リニューアルする!
というのを決めちゃうと、現状でコンテンツを増やすのがしんどいです
だって、移行するデータが増えるんだも~~んっ(^^;;
と、どうしようもなく根性のない理由で連載が中断しているのでありました。
我ながら情けないなー・・・

いつものことですが、ここで宣言したとゆーことはなんとか先が見えてきた(・・・気がする。今回はさすがに弱気)ということです。

現時点での目標は、
6月半ばにテストサイト構築。
有志の方々に、テスト環境を叩いていただいて。
ご意見を伺いつつ、コンテンツの移動。
目指せ、新装開店 6月末!!

・・・む、無理かなー(^^;;;; <<やっぱり弱気。

温かい目でお待ちいただけると嬉しいです。

Xoopsでサイト構築経験ある人いませんかー <<他力本願☆

上映会ができる・・・かな?

ご近所に新しいお店がオープンしました。
イタリアンレストランで、2Fは+ショットバー。
大型液晶モニタがあるというので、キャパを聞いたら20名弱は入れそう。

きら~~んっ☆

フロア貸し切りってできます?
持込のDVDを上映できます??

って質問したら、(・・)顔されちゃいました。
そ、そんなに突拍子もないこと聞いたかなー?

18:00~ならOKですよ ってオーナーさんからお返事いただきました。
次回Robo-Oneの後に、上映会できたら楽しいなぁ。

お知恵拝借

Yahoo の知恵袋に以下の質問がよせられていました。
うーーん????
どうなのかなー

●質問番号:8,284,464
ロボットスーツ(パワースーツ)を着用して自分の頭を両手で挟んだら、頭がつぶれてしまうのでしょうか。
自分の足首を掴んで力を込めると足首がもげてしまうのでしょうか。

●質問番号:8,282,701
頭の中でじゃんけんを考えただけでそれをMRIのモニターから読み取ってロボットの手にやらせるという技術が開発されましたが将来的に頭の中で考えていることが外からモニターできるようになるということですか?
●質問番号:8,269,163
ロボットが働いてくれたら人間は何をするでしょうか・・知恵袋でしょうか?

ぜんじろうのお笑いロボット学園

5月28日(日)、うめだ花月によしもとの芸人さんと一緒に
ロボットがステージに出演します。

出演ロボットは、
VisiON NEXTAと、PLEN、GUARDIAN、ビグです。
PLENが華麗な滑りを披露予定。
GUARDIANとビグがどんなパフォーマンスをするのか楽しみです(^^)

時:2006年5月28日(日)
開場19:30開演20:00
出演: ぜんじろう
ゲスト:ロボット へびいちご シャンプーハット ロザン
場所:うめだ花月
料金 前売当日¥1500円(全席指定)こちら
問い合わせ:吉本興業 06-6311-4347
公式サイト:ZENJIRO.com

ホバーコプター

ホバーコプター 2個セット ~ラジコンUFO~

ラジコンで飛ばすフライングソーサーが気になります。。。。ホバーコプターとゆーらしいです。
ちょっち遊んでみたい。

1/1ボトムズ のkogoroさんが・・・

加速度センサーとか簡単に扱える人はいませんかー
って、ゆってるー。

ボクシングゲームのグローブに、加速度センサーを搭載して、BOXER’S LORDで遊びたいらしい。

kogoroさんと遊びたい人はチャンスかも(笑)

夢で会いましょう~





・・・数日、サイトの更新をサボっていたら、

夢にロボットが出てきました _no

静岡ホビーショーのロボット

週刊! おもしろロボット動画に、第45回静岡ホビーショーで公開された双葉電子工業株式会社のロボットを掲載しました。

世界初! 自分で電源を切る消費電力型ロボットのデモンストレーションです。

静岡ホビーショーに行ってきました。

静岡ホビーショーに行ってきました。

京商はマノイの発表をしていました。
会うたびに違うマノイ君。今日、デモしていたのも最終版ではないとゆーことです(^^;
6月1日、京商サイトにマノイコンテンツが公開されます。マノイの発売日や価格もサイト上で公開です。

サイトで、カラーリング投票をして、1番人気のカラーを商品化するという企画が発表されました。
サイトの発表をお楽しみに。

JRブースは、RB1000がガシガシと動いていました。
発表さればばかりのRobovie-iも子ども達に人気。
Robovie-iはシンプルな構成だけに、丈夫です。こういう機会に子どもが自由に遊べるロボットがあるというのは、いいな~と思いました。

JRの向かいが三和ブース。こちらにもRobovie-iがいました(笑)
ちなみにこちらのRobovie-iは、三和さんのサーボを積んでいます。
とゆーことは、Robovie-iには三和サーボもJRサーボも対応しているとゆーことなんですね。
アニメ版鉄人28号もデモをやっていました。キャラクタものは強いですね~。
昨年発売の映画版鉄人28号と、アニメ版が並んでいるのをはじめてみました。
こうやって並べると、アニメ版の方がかっこいいな~ って思います。
アニメ版の方が、シルエットが力強いです。
去年に続いて、G-TuneのSISOさんがデモンストレーションしました。
昨年、G-Tuneのデモンストレーションを最前列で食い入るように見ていた子どもが、今年も会場に来てくれていました。
子どもの顔を覚えているSISOさんって、すごいー。

PLENも来ていました。
ローラースケートで愛嬌を振りまいていました。
若い女の人に一番人気だったんじゃないかなー。

フタバのブースでは、プラスチック成形のロボットが動いていました。
フレームが全部プラスチック成形で、サーボもパチパチはめるだけで組立完了。
自由度が20軸なので、ネジの数も全体で20本です。
サーボホーンのところにしか、ネジがないのー。(外装分のネジは別)
このロボットがよく動いていました。みるからに軽量で、スタスタ歩く。
歩く時に、ドライバーを手のところにあてて誘導しているから、どういう仕組みかなー??
と思ったら、単に強制的に方向転換しているだけでした(^^;
そういうちょっとの振動で向きが変わるというのも、ロボット本体が軽いからなのかなぁ?
ブラックと、ブラックスケルトン、ブルースケルトンの3種類がありました。
スケルトンカラーのロボットって、iMACみたいでいいよね~ と盛り上がりました。
カラーバリエーションがあると楽しいし、ネジいらずの組立というのは、一般ウケすると思う。
残念ながら、今のところ製品化の目処は立っていないらしいです。
どこか提携して商品化してください。
このロボットは、デモンストレーションで「自分で電源を落とす」というのをやっていました。
ロボットがね、背中に手を回して電源スイッチ切るの。
おもしろかった(笑)
さすがに自分で電源を入れるのは無理。
他のロボットの電源をいれる練習をしているそうです。

AOSHIMAブースに、KONDOのモータを使ったロボットアームがありました。
筆を使って「心」「愛」と漢字を書いていました。
制御しているのは、HtoH。
学習用教材に、、、というお話でした。
KHR-1で生まれた技術が、教材として役にたつのは嬉しいなー。

桜エビおいしかったです(*^^*)

静岡ホビーショー

今週末は静岡ホビーショーです。
私は土日に行きます。

なにわともあれ、重要なのは、おいしいご飯です。

今の季節に静岡に行くなら、桜エビです。
生桜エビを食べなくちゃいけません!!
春と秋の期間限定で漁をするので、シーズンしか食べられません。
生桜エビのかき揚げは絶品です。
お好み焼きに入ってる干した桜エビとは別物の美味しさですからね☆

あと、生しらす。
酒呑みは、これを外しちゃいけません。

宿泊者が多い七間町通り。
クレープ屋さんのルロットはオススメです。

ではでは。静岡でお会いしましょう(^^)/

気のせいだから、大丈夫

・・・なんか、最近、忙しい気がする~
ってぼやいたら、

気のせいです!!
ぜーんぜんっ、大丈夫。
まだまだ行けますよ~~(^o^)

って断言してもらいました。

そっか。
気のせいだったのか。

こーゆーリアクションっていいな。

RTさんのサイトがリニューアル

RTさんのショッピングページがリニューアルされました。

すごくすっきりと見やすく、使いやすくなっているのだー。
サーバー移転が終了したら、本サイトも全て移転するもよう。

ショッピングページのトップに、
「2006年5月31日までにご登録いただいた方には、もれなく1000円のクーポンをお贈りしています。」
と書いてあるです。

登録しなくてはっ!!

今年のロボット大賞

<読売新聞 経済ニュースより>
経産省が「今年のロボット」大賞を創設しました。
ロボット産業振興のため、開発・実用化された最も優れたロボットを表彰します。

7月ごろから応募作の募集を開始、、有識者委員会が審査し、年末にロボットの性能発表を兼ねた表彰式を行う。

 大賞のほか〈1〉塗装や溶接などの産業用ロボット〈2〉清掃や警備などのサービスロボット〈3〉災害レスキューなどの特殊環境用ロボット〈4〉中小ベンチャー企業が開発したロボット――の四つの部門賞も設ける。

 同省の研究会が16日まとめるロボット産業振興策に盛り込む。

 振興策ではこのほか、関係団体と合同で「ロボットビジネス推進協議会」を設立することも盛り込む。メーカーと警備業や清掃業などユーザーが一体的にロボット開発を行う体制を整える。

日本のロボットの国内市場は、現在の約5000億円から2010年に1兆8000億円に拡大する見込み。

今後は身近な場で活躍する「サービスロボット」の開発本格化が見込まれている。

Let's Play!! Rbovie-i 予約受付開始

VstoneとATRが共同開発した、教育・ホビーロボットのエントリーモデル「Robovie-i」が、発表されました。
Robovieis_1 Robovie-iは、わずか3軸で動く二足歩行ロボットです。
アルミフレームもたったの6パーツ。組み立ては、初心者がマニュアルを見ながらやっても1時間で終わります。

ロボット未経験の方は「重心を移動しないと歩けないんだよ」という基本が、まず判りません。
軸数がたくさんあるロボットだと、バランスを取るときにどこに重心があるのかを理解するのが、最初は難しいです。
Robovie-iは、その基本がカンタンに実際的に理解できます。

けどまぁ。ぶっちゃけた話。
3軸しかなかったら、モーションも限られちゃいます。
基本を覚えるにはいいかもしれないけど、すぐ飽きちゃいそう。つまんないじゃーーーん・・・って思いますよね(笑)
ふっふっふ(笑)
Robovie-iは、拡張性がすごいんです。

Robovie-iのモーションエディタは、RobovieMakerです。
搭載されているCPUは、「VS-RC003A」。現行CPUの上位機種です。最大28軸まで増設可能。
Robovie-iは、拡張パーツとして、Robovie-MS、Robovie-Mのフレーム+モーターセットを販売予定なんですね。
例えば、拡張パーツを追加で購入すると、キット価格+数千円って金額なんです。よーするに、ロボットをやってみたいけど、最初から10数万出して二足歩行ロボットキットに挑戦するのは、勇気が必要。
まずは、Robovie-iでRobovieMakerの使い方とモーションの作り方を覚えて、もっとやってみたいなー と思ったら、上位機種に進もう。
そういうための入門キットなんです。

RobovieMakerで動いている市販ロボットキットって、多いです。

  • Robovie-M
  • Robovie-MS
  • 映画版鉄人28号
  • 原作版鉄人28号
  • Robofie(株式会社ボークス)  
  • RB1000(日本遠隔制御株式会社)

現在予定されている拡張セットは、MとMSだけだけど。
今後、他のキットも対応してもらえたら嬉しいよね~~~。

そして、こっそり見逃せない情報としては。
現在、CPU単体だと、35,000円するのに、Robovie-iはサーボが3個ついて、29,400円なんですね~。
と、ゆーことで。オリジナルロボット製作者にとっても、Robovie-iは、おいしい!!

Robovie-iは、ロボット王国、ロボスクエア、ロボットファクトリーにデモ機があります。
本日から予約受付開始。発送は7月中旬~。

プレゼント 「ロボットと暮らす~家庭ロボット最前線~」

ヴイストン代表取締役、ロボプロ、TeamOsaka監督と幅広く活動している大和氏の本が出版されました。

ロボット開発者の方に、将来、人間とロボットが共生する夢を伺うと、50年先100年先の話になりがちです。
ん~~~。アトムが誕生するのは、それっくらい先のことかもしれない。
100年先の夢もいいけど、5年先10年先は私達の生活にロボットはどんな風に関わっているの?
もうちょっと近くにある現実的な夢の話を聞かせてほしいな~~

という期待に応えてくれる本です。

ロボット開発者、研究者ではなく、経営者としてロボットに携わっている大和氏の視点がおもしろいです。

さて。大和氏より「ロボットと暮らす~家庭ロボット最前線~」をRobot-Fan.netの読者プレゼントとして5冊いただきました。

応募期間:2006/5/31(水)
応募方法:三月兎までメール下さい。トップページ一番下にあります。
タイトル:大和氏書籍プレゼント

たくさんのご応募お待ちしております。

週刊! おもしろロボット動画

今週のおもしろロボット動画は、昨日、ボークス大阪SRで行われたロボフィーのエキシビションマッチです。

ボークス造形村製作のロボフィーが4体。
ロボフィーは外装でオリジナリティだせるのが楽しいですね~。
それだけじゃなくて、「タルカス」のように機体カスタマイズまでできる。

そろそろユーザーさんが作ったロボフィーを見たいなぁ・・・

htaccessで直リン禁止

直リン自衛には、.htaccessで制限する方法があるとアトリエ ロボットの杉浦登さんから情報をいただきそろそろ二ヶ月。
ようやく、実装してみた。
こっそり半分テストして、クレームきてないから大丈夫かなー と。

直リン禁止には、いろいろあるらしくって。
リファラーチェックして、http://www.robot-fan.net/ 以外からのアクセスを全部蹴っちゃうこともできるけど。
それをすると、exciteから見ることができなくなるし。
ノートン使ってる人も動画を見れなくなっちゃうらしい。
それは困るよなー と思って、うにゃらうにゃらと頑張ってみた。

どうだろう・・・
動画見えなくなったよ~~~ とゆー場合、環境等を添えて情報いただけるととっても嬉しいです。
よろしく。

とっても参考になったページ。
ミケネコの htaccess リファレンス

ロボフィー バトル in 大阪

明日(5/14)、14:00~
ボークス 大阪ロボットスタジアム3Fにて、
ロボフィーのバトルが開催されます。

ルール等、詳細は 「雷:イカヅチ」国際試合公式ルール

わーい。楽しみ楽しみ。

動画アップするときの留意点

動画アップするときの留意点

Youtubeをはじめ、投稿動画サイトが増えています。
おもしろい動画が多くて、私もお気に入りのサイトです。

けど。びみょーとゆーか、重大な問題もあるです。

例えば、Youtubeにはロボワンの動画がいっぱいアップされてます。

編集した方ご自身が投稿する場合は、全然、問題ないんだけど、
サイト訪問者が動画をダウンロードして、勝手に投稿する例が多いんですよねー。
のみならず、
ダウンロードした動画に、自分のサイトのURLをいれて、
投稿サイトにアップする人までいます。

私は、実際にそれをやられました。ぷんぷん。

いくらなんでも、マナー違反じゃん? と思うけど。
こーゆー人には、なにゆっても仕方ないですもんね。

と、ゆーことで。
最近、私は動画にURLを全編いれるようになりました。
エンディングロールだけだと、
その部分をカットして編集することが可能なんだもん。

編集は面倒だけど、自衛するしかないです。

URLが入った動画が投稿サイトに掲載されると、
それを見て、サイトへ遊びに来る人がいます。
それは、それでとっても嬉しいのでありかなー と(^^)(^^)

せっかくのコンテンツを盗られちゃったら口惜しいので。
動画アップするときは、URLいれておくとよいですよ~~
という経験談でした。

Googleの秘密

Googleの検索ボックス

1+1

っていれて、検索ボタンを押してみし。

ちゃんと、2 って答えを教えてくれるんだよ。

1-100

は -99 って計算もできるんだよ。

でもね、 7-11 の答は 

セブンイレブン

になっちゃうのでした(笑)
セブンイレブンの勝ち。

サーボの色は何色がいいですか?

掲示板にのりさんから、「なぜロボット用サーボケースは黒い?」と問題提起がありました。
いままでのように車や飛行機に使うのならば、
外装に覆われるから、サーボケースの色に拘りはなかったんですよね。
けど、二足歩行ロボットの場合、サーボケースがロボットの一部として見えることが多いです。

黒意外のサーボケースがあるとしたら、何色がいいかなー って話。

「ロボット用サーボ」という商品自体、新しいものだし。
みんながいろいろ意見ゆったら、メーカーさんも参考にしてくれるかもしれないよね~。
わくわく。

と、ゆーことで。ご意見募集中。

ロボットサーボは何色がいいですか?
伝言板は、話題が流れてしまうので、このエントリにコメントください(^^)/

ロボファイト3の記事

PC Watchにロボファイト3の記事が掲載されました。
濃ゆいですー。

ロボットのレポートを熱く語るには素養が必要なのだと思いました。
私にはわからないネタがいっぱい(^^;

うさぎ的に表示したくありません。

調べ物をして、ネット上をdigg diggしてました。

そしたら、突然、うさぎが現れていうの。

ページが表示できないか、うさぎ的に表示したくありません。

検索中のページは現在、利用できません。Web サイトに技術的な問題が発生しているか、うさぎの気分が悪い可能性があります。

サーバーが見つからないか、うさぎはキレています。

そんなこと言わないで、私に情報ちょうだいなー。

「開け ドア!」

2006年5月1日  ITmedia の記事より
国内初の声紋認証で開錠するマンションが6月に発売されるんだって。

エントランスにあるマイクに、登録しておいた声でキーワードを言うと、鍵が開く。
他人を本人と誤認識する率は0.05%以下で、本人を他人と誤認識する率は0.5%以下。
・・・風邪引いて鼻声になると、誤認識されちゃうから、本人認識の方が難しいのかなー?
キーワードによって機能を変えられるっていうのは、便利かも。
子どもが「ただいま」ってゆったら、親の仕事先に連絡が行くというのもできそうじゃない。

ピンポンダッシュのいたずらは減るよねぇ。

私は、オートロックマンションって、微妙に怖い。
以前住んでいた経験でそう思う。
だって、エントランスで鍵を探してもたもたしていると、たまたま住民の方が通りかかると内側から開けてくれたりするんだもん。
一斉入居で隣の住民の顔も名前も判らない状況だったのに(^^;
そんなに無防備に、ドアを開けていたら、オートロックの意味ないじゃーーん。
実際、新聞の勧誘とか怪しげな訪問販売もそこそこ来ていたし。
「オートロックだから安心」と思っちゃうのが怖いなー と思いました。

週刊! おもしろロボット動画

昨夜のうちにアップしています。

No.082 これが関西名物 くいだおれバトルだっ

内輪ウケでごめんなさい。
ロボットフォースさんのイベントは、昼間楽しく、夜は倍楽しいです(^~^)

仲居さん公認でロボットを楽しんでいる雰囲気が伝われば、うれしいなぁ と思います。

MCさんにお願い。

春からこっち、ロボットイベントが続いています。
TVでも特番があったし。

MCさんがロボットを紹介するときに、「ロボットを作るのはお金がかかる」「数百万掛けてます」なんていうフレーズを使うことが、ままあります。
実際、長くやってる人は、トータルするとお金掛かってますよね。
それに、観客にロボットのすごさを判りやすく伝えるため、驚かせるためには、そういうフレーズって効果的なので、つい使っちゃうんだとと思います。

けど、この台詞って諸刃の剣。

初めてロボットを見て、「すごい」「おもしろい」って思った人がいるとするでしょう?
「やってみたいなー」ってわくわくしたところに、「数百万掛けてます」って聞いたら、十中八九「うわ~。それじゃ、自分にはできないや」って、引いちゃうと思うんですよね。
私だったら、絶対、ひく。
もし、自分の子どもや旦那が「やりたい」って言っても、「そんなお金ないっ(--メ」ってストップかけちゃいますよ!!

今まで、ロボットはどちらかというとバリバリ技術者系の人が趣味でやっている世界で。最近、二足歩行ロボットのキットが発売されて、以前に比べて間口が広くなった感じ。
「これから、もっともっと愛好者が増えるといいね」と、関係者一同が願っているときに、情報発信側が、未来のユーザーを牽制しちゃうのはまずいよ~~~。

まー、実際、お金は掛けようと思えば、掛かりますよねー。
でも、それって何でも一緒でしょう。
車だって、買ってそのまま乗ってる人と、お金掛けてる人は全然違うし。

ロボットやってる人に、「よくお小遣い続きますねー」と聞くと、「ゴルフやめた」「車にお金かけるのやめた」「飲みに行ってない」なんて答えが返ってきます。
時間もお金もかかるから、何かとトレードオフしないとできないよねぇ。

ロボット始めてゴルフをやめるのなら、私はその方が嬉しいなー。
休みの日に一人でゴルフに行かれちゃうより、子どもとロボットで遊んだり、一緒にイベントに行ってくれる方が嬉しいもん。
ゴルフも車も飲みもマージャンもおとーさん一人で楽しむけど、ロボットだったら家族みんなで楽しめるものね。

ロボファイト3 ORC

ロボファイト3 ORC部門に行ってきました。
楽しいイベントだったのだけど、唯一、「ヒキョウモノ判定」が出てしまったのは、残念なことだと思う。
この概念は、全く新しいものであり、前例がないから、レフリーも戸惑いがあったのだと思う。

けれど、一旦、コールをして勝利が確定したものを、休憩時間をはさんで再試合するのは、いかがなものか?
再試合は参加者からの申し入れではなく、主催者判断によるというのも、ヘンな話だ。
試合中にレフリーのジャッジについて、「審判の判定は絶対です」と解説しているのが、説得力を失う。
再試合によって出た結果は、勝ったほうも負けたほうも複雑な思いが残るだけだと思う。見ている観客には、ワケがわからない。
こういう後味が悪いのは、イヤだ。

参加者を募るイベントは、レギュレーションの定義やルール作成が難しいのは承知している。
公平不公平は議論を重ねても、「絶対これが正しい」なんていう結論はでない。
主催者の想像や思惑を超えるできごとは、いつでもおこりうる。

ほんとーにイベント開催は大変だと判っている。

例外処理を考えてルール制定したつもりで、それを超える事態や、予想外の機体が現れた場合、その場では、現行ルールの中で受け入れるしかないんじゃないだろうか。
イベントが始まったら、今回の予想を越えた部分については、次回対処するしかないと腹をくくる以外、できることはない。
対策が後手後手に回ってしまうのは、いたし方ないんである。

にしてもね。

参加者も考えようよー。
「ヒキョウモノ判定」が出るのって、よっぽどだよ????
戦法に「ヒキョウモノ判定」が出たのなら、その戦法を取らなければいい。
機体コンセプトに判定が出されたんなら、どうすべきなのか、自分で考えようよ~~~。
その後に続く敗者復活戦も特別ルールの設定や、ジャッジやが、あまりにあからさまでなんだかなーって感じになっていました。

ご本人はそういう対戦って、やっていて楽しいのかなぁ?

見ている方はつまんないけどね。

もちょっと、場の空気を読もうよー。

それ以外は、とても楽しかったです。

WL-16R III

Responseに「WL-16R III」が人間を乗せて屋外歩行に成功した記事が掲載されました。
この記事がいいな~~ と思ったのは、「屋外を歩行することの難しさ」を判りやすく説明しているからです。

そうなの。
私みたいに技術が判ってないと、これがどうしてニュースなのか判らないのね。
だって、人を乗せて階段昇降する方が見た目が派手じゃない。

技術が判っている人同士なら、説明しなくても判ることでも、ふつーの人は、何がどうすごいのか判らないことって、多いだろうなー って思います。
それで分かんない話って、聞いても読んでも「ふ~~ん」になっちゃうのね。
判らないことは、「すごいなー」と思っても、興味の持ちようがないし。

サイエンスライターさんは、「読み手は技術者じゃない」って知って、もう一歩かみ砕いて情報を伝えてほしいなぁ~ って思います。

ロボットアスレチックス

ロボファイト3の今日のメイン競技は、アスレチックでした。

ロボットフォースさんらしい遊び心のあるコース設定になっていました。
クリアできるロボットがいるかなぁ? と心配だったけど、4体くらいクリアしていました。
観客席から見ていた感想でいうと、バトルよりもお客さんの引きがいいみたいです。
ロボットが1体ずつ動くから、何をしているか判りやすい。
ロボットと操縦者が一生懸命やっているのが、伝わってくる。
3分間、ロボットが頑張っているのを見ると、自然と応援したくなりますね。
ロボットが転ぶと「あぁ~」って声をあげたり、障害をクリアすると喜んだり。
初めてみても、感情移入がしやすいんだなぁ って思いました。

バトルは情報量が多すぎて、面食らっちゃうのかもしれません。
1回戦からずっと見て、好きなロボットができると段々と応援にも熱が入ると思うんだけど。
今回のように、ふつーの催し会場にロボットコーナーがあるというと、1日中お客さんを惹きつけておくのって、すっごくタイヘンなことなんだなぁ というのが、よく判ります。

帰りに、ROBOTS-DREAMSさんと一緒にロボカフェに行ってきました。
こちらでもスタッフさんと、いろいろと楽しいお話ができました。
視点を変えると見えてくるものが違って、それってとってもおもしろいです。
ん~~。なんかいろいろアイデアが湧いてきて楽しいです(^^)

ROBOTS-DREAMSに、ロボファイトの映像etcが公開されています。お仕事早いな~~。尊敬。
映像のまとめ方が、ロボットに対してアイがあるなぁ って思います。うん。

ため息が幸せを遠ざける話

空港へ行くシャトルバスに乗りました。
乗客は私一人だったので、1番前の席に座りました。

運転手さんが、運転中ず~~~っとため息ついているのよね・・・。
観光地の入り口で、お出迎えする人がこれですか(ノ_-)

もぉ。すっごく、ヤ。

気持ち滅入るよー。
バスに乗ってて不安になるよー。
朝っぱらからため息30連発する位、疲れているのなら、乗客を運ぶような仕事しないで。

ため息って、腹式呼吸だから自律神経のバランスを整える効果があります。
うん。悪いことばかりじゃない。
けど、これ見よがしに「はぁ~」「はぁ~」ってため息ついている人って、見苦しい。
ストレス解消のためのため息なら、声を出さずに腹式呼吸でいーんだよー。

私は他人のため息を朝から聞かされるのは、好きじゃない。

せめて、私はため息つかずに複式呼吸するように気をつけよっと(^^)

ため息が幸せを遠ざける話

お問い合わせは、日本語か英語でお願いします。

KHR-1貸与のエントリにコメントをいただきました。

・・・何語かな? (^^;;;

ごめんなさい。そこからして判らないです、、、
一応、ネット上にあるいろんな翻訳サイトで各言語 =>英語を試してみたんだけど、訳せないの。
ごめんね。ごめんね。

他の方からいただいたメールも、解読不明なものがあって、、、。
せっかくいただいたメールにお返事できないのは、すっごく残念です。
せめて、英語で書いていただけたら、翻訳サイトに助けてもらって、カタコトでお返事できると思うの。
私は英語は全く! できないので、

If you write e-mail to me, please write easy sentence.
So, I will be understand your e-mail.

とゆーことで、よろしくなのです(^^)

ロボファイト3

ロボファイト3に行ってきました。
マルファミリー強いです~。
兄弟参加で1,2ゲット。
ロボバトルin大同工業大学、ROBOCOUNTRYⅣ、ロボプロイベントに続いての優勝です。
すごいですねぇ。

36体のロボットが一斉に動く、ロボカオスは奇妙な迫力です。
ほんと、混沌とロボットが蠢きあっています。

にしても、イベントって難しいですねぇ。
イベント主催者とコンテンツ提供者と、参加者と、観客とプレスと。
同じ場所にいても、期待するものは、微妙~~に違うし。

私が思うのは、観客やプレスを置いてきぼりにしちゃうイベントは、先細りになるだろうなぁ・・・ということです。
プレスは次の観客を吸引するし、観客は次の参加者になる可能性があるのだもの。
観客やプレスを呼べなければ、スポンサーもつかないし、、、ねぇ。
参加者が楽しむのは大事だけど、それを一番にしちゃうと、近々「仲間ウチで楽しんでいれば」になっちゃうんじゃないかと、心配です。
ロボットコンテストには、そういう傾向が少なからずあるので、同じ轍を踏まぬよう、、、と、老婆心ながら思うのでありました。

バランス感覚って一番難しくって大切。
と、いろいろ我が身を振り返りつつ思うのでありました。

週刊! おもしろロボット動画

ん~~。また火曜日更新になってしまった(^^;

だからというわけでもないけど、今週も2本一挙に更新です。
世界一美しいロボットのFTと、世界初 ローラースケートしちゃうロボット PLEN です。

関西圏はロボットが元気です(^^)

KHR-1 セカンドアニバーサリー

KHR-1 セカンドアニバーサリーのエントリー受付が開始されました。

予選のダッシュ競技で、スタート時にオリジナルの決めポーズが必要。
とゆーのが、いいですね~~。

決めポーズは静止だけど、静止にいたるまでのモーションとか、
かっこいいのを考えてほしーなー。
コンクールドエレガンスの対象になるんだし。

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • なかのひと