« トヨタ「科学工作教室開催 2006」 | トップページ | 鬼門ってあるよね。 »

人は見た目が9割

タイトルはアレなんですけど、なかなか興味深い内容でした。

人は見た目が9割コミュニケーションというのは、言語によって成り立つと思われることが多いです。
が、実は言語による情報のやりとりはコミュニケーションの7%にしか過ぎず、残り97%は非言語コミュニケーションによって成り立っている。
本書で言う「見た目」というのは、容姿やファッションのみならず、表情や視線、しぐさや言葉の間といった「言語以外」の全てを含んでいます。

んで。これがロボットのモーション作成にも通ずるものがあるな~~ と思いました。

だって、ロボットは言語をもたないもの。
喜怒哀楽を伝えようと思ったら、モーションしかない。
モーションっていうのは、動きだけじゃなくて、ポーズとポーズの「間」もモーションなんです。

演技や漫画で、喜怒哀楽を言葉以外のコミュニケーションで伝える時に、どういったテクニックを使うのか?

そういうことを知っていて、意識しながらモーションを作るのと、漠然と動きを作るのとでは、ロボットの魅力は大きく変わってくるだろうな。
と、私は思うのでありました。

著者は、漫画の原作や舞台の脚本、演出家をしています。
言語以外で喜怒哀楽を伝えるということを生業にしていて、その視点から本書を書いています。

興味のある方は、ご一読ください。

人は見た目が9割 クリックすると楽天ブックスへ。送料無料だよ~ん☆

« トヨタ「科学工作教室開催 2006」 | トップページ | 鬼門ってあるよね。 »

21_ロボット日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17907/10488235

この記事へのトラックバック一覧です: 人は見た目が9割:

« トヨタ「科学工作教室開催 2006」 | トップページ | 鬼門ってあるよね。 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • なかのひと