« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

しあわせ。

酒呑んで、旨いもん喰って
よっしゃぁ~~~ って
ガッツポーズ入れる瞬間が
しあわせ。

来年もそんな日々が続きますように。

本年もお世話になりました。
来年もよろしく。よいお年をお迎えください(^^)

愛がなきゃヤだ。

気になる映画があると、前田有一の超映画批評を読みに行く。
この方の文章と、批評するスタンスが好き。

「最新作毒舌ガイド」とサブタイトルにあるけれど、自分が面白いと思ったものを、オススメする時の文章はもちろん、「ダメダメ」と言う時の文章にも、映画に対する愛がある。

愛と誠意がない毒舌は、ただの根性悪だもんね。

2006年の懺悔

「親知らずを抜歯したばかり」とゆー友ちゃんと並んで話していて、たまたま手を動かしながら友ちゃんの方に身体を向けたら、見事にアッパー命中させてしまった。
友ちゃんは許してくれたけど、想像を絶する痛さだったと思う。
ごめんよー。

ま、今年はそんなもんかなー。

あ、引っ越したのに、親に新しい住所知らせてない。
妹がここを読んでいるから、引っ越したのは知っているらしい。
年末年始は実家に顔を出すこともせずに、PC三昧。
ちょっぴり反省。

年が明けたら一度帰省する予定。

鮭は特別な魚である。

私は昔、鮭って特別な魚だと思っていました。

ふつーの魚は海の中で生活していても、身が塩辛くなったりしないでしょ。
だけど、鮭は塩辛い。
鮭だけがそーゆー体質をしている、特別な魚だと思っていたんです。

たぶん、18歳くらいまで(^^;;;

だってね。だってね。
昔は「生鮭」って売ってなかったんだよ?
今は、フツーに売ってるけど。

昔は静岡では、塩鮭しか売ってなくて、それ以外食べたことなかったんだもん!!
「鮭は特別」って思っても仕方ないじゃんよー(><)

甘塩がある、とゆー細かいとこまでは突っ込んで考えなかったなぁ・・・

初めて北海道に行って、三平汁を飲んだ時、
「あれ? 鮭が塩辛くない??」
と言うことに気づいたんだわ。

おたまじゃくしの産卵や、カブトムシの電池は他人事ではない(^^;

おたまじゃくしの産卵

おたまじゃくしの雌雄はどうやって見分けるの?
おたまじゃくしの増やし方を知りたい。
おたまじゃくしの卵ってみたいことない。
おたまじゃくしは子育てするの?

・・・とゆー主旨の質問を某所で読み。
コメントを書きたかったのだけれども、
全く初対面の方の日記なので、躊躇しました。

たまたま目についた日記だから。
本気の質問なのか、冗句なのかも判断が難しくて。
だけど、「おたまじゃくしの産卵」でググっても情報がない・・・とゆーのだから、ホントに質問なのかも。

あいにく、私もおたまじゃくしの雌雄の見分け方は知らない。

おたまじゃくしの卵は、昔、田圃でよく見たなぁ。
長細い寒天状のものにつぶつぶした卵がいっぱい入っているの。

おたまじゃくしは子育てしないよね。
おたまじゃくしは産卵もしないよね。
だって、おたまじゃくしって、蛙の子供だもん。

死んじゃったカブトムシを持ってきて「電池きれたから、替えて~」という子供がいるという話を聞いたことがあるけれど。
それに匹敵するかも。

ドミノ倒し。

「ま、人生ってドミノ倒しだし」という私に友ちゃんが、
「暗い! 積木くらいにしようよー」という。

友ちゃんは人生は積木を積み上げるもので。
一つ一つ少しずつ高く積んでいるそうです。
崩れることがあっても、またやり直せる。
崩れないように、土台を補強しながら、高く高く。

なるほど。

ドミノ倒しって、暗い?

私は楽しいと思う。
ひとつひとつ駒を立てていって。
最後の一枚を立てたら、ひとつを倒すと、
全てがパタパタと倒れて、文様が表れる。
立体的な仕掛けがあったり、分岐したり。
ひとつひとつの駒は、全て、単独だけど、
他と関わりがある。

文様作っている最中に、トラブルで、駒が倒れて
それまで立ててきた駒が、
パタパタ動き出すのも一興。
実際に倒してみないと、どういう文様が表れるか
わからないこともあるんだし。

倒れたらまた立てればいーじゃん。

実際にドミノ倒しをやりたいとは思わない(^^;

よかった探しリース 2006

結城さんのサイトで行われている「よかった探しリース」に参加します。
今年が初参加です(^^)
12/25まで限定のイベントです。せっかくなので、最終日までトップに記載されるように工夫しました。

よかったこと

  • 去年より元気になりました(^^)v
  • 新年そうそうYahoo!! の今週のオススメに掲載していただいた。
  • アクセス集中・サーバーダウンを初体験。
  • ロボット・ファン.netをリニューアル。
  • お仕事の幅が広がりました。多謝!!
  • いろんな人に出会えました。
  • ミュージカルをたくさん見に行けた(^^)
  • 囲碁をちょっとだけ始めた。
  • PHPとMySQLの勉強を始めた~~。
  • 引越しました!!

<12/25まで加筆予定>

  • よかった探しに登録したことを報告したら、結城さんからメールをいただきました。実は、めちゃくちゃ憧れているとゆーか、ファンなので、ドキドキ嬉しかったです(*^^*)
  • 必要としているものが天から降ってくる という感覚の体験。
  • オカリナのレパートリーが増えたこと
  • お久しぶりの友人と、連絡ができたこと
  • 血圧が95まで上がった
  • 体調不良の原因が判明。来年は治療できる~~o(^^)o
  • ストレスの元がなくなった。ラッキ~~!
  • 仕事抜きの旅行に行けたこと。

ドミノ倒しのように次々といろんなことが起こる1年でした。
思いがけないほうに、模様が広がっていくのが楽しい みたいな。

新しいことにもチャレンジできて、面白楽しかったです。

左手さんのよかった探し よかった探しリース 右手さんのよかった探し 

    三月兎の中身

    先日、レントゲン撮影をしました。
    頭のてっぺんから、骨盤まで。
    こんな風に撮影するのって、初めてで面白かったです。

    んで。
    私は背骨が1つ多いとゆーことが、判明。
    時々、いるんだそうです。
    1個少ない人もいるんだって。

    多いと何かいいことあるかなー (ワクワク) と聞いたら、
    「腰痛の原因になります」
    ガーン(T_T)

    初めて見る自分の頭蓋骨写真は、「けっこー、いい形してるじゃーん」。

    が、しかし。

    首が曲がっている。

    これじゃ首も肩も凝る筈よねー。
    と、しみじみ納得しました。

    かみさま かみさま

    「困ったときの神頼み」が、私と神様との付き合い方です。

    普段から信心してないと、いざって時に助けてくれない神様は、神様じゃないと思う。
    「日頃、お付き合いのない方へのご協力は……」って、それは銀行じゃん。
    「初めての方もお気軽に(でも、利子つくよー)」じゃ、消費者金融でしょ(笑)

    困ったときには、「えーん。かみさま、助けてー(><)」
    なんとかなったら、「ラッキー。かみさま、ありがとー(^^)」

    私は無神論者だけど、1日で一番たくさんゆっているのは、「かみさま、ありがとー」って台詞だったりする。

    私の神様は、PCの中にいることが多い。

    たのしみ。

    きょうは
    あしたが
    たのしみ

    5歳の男の子が、おばあちゃんの家に遊びに行く前日に書いた日記。

    すごくワクワク楽しみにしている気持ちが伝わってくる。

    私もそんな風に。

    あしたが
    たのしみ

    って言えるように。
    今日やることを頑張りたい。

    想像力 全開っ

    友ちゃんが初めてPCを買った。

    友ちゃん曰く。
    CDの映像を見れるので、手元にあったのを入れてみたら、何も操作していないのに、PCにコピーされちゃった。
    ・・・まぁ、いいかーーー ワープロの練習しよっ
    と、ワードを立ち上げたら、さっきの映像がバーーンと表示されて、すっごく焦った。
    消したいんだけど、消し方判らないんだよー。

    ふーーん。
    ノートPCでしょ? 持っておいでよ。見ればたぶん判ると思うし。

    という私の申し出に対して、友ちゃんは
    「いかがわしい画像だから、見せられないっ(><)」

    (爆)

    私は別に気にしないけどねー。

    とゆったんだけど、「かぁ~なり、いかがわしいからダメです」
    の一点張り。

    そこまで言われると、どんなんか気になるじゃん。
    友ちゃん'sと、想像力を駆使して予想した。

    男×男だったら怖いよね? と言ったら、みんな一斉に引いた。

    あ、怖すぎた?(^^;

    できません・・・

    友ちゃんからteltel~~

    間取りソフトを買って、遊んでいるんだけど、使い方がよく判らないから、教えてー(^^)って。

    それは、無理。私、できないもん。

    えー、なんでできないのー??

    と素でいわれて当惑しちゃいました。
    使ったことのないソフトだもん。できないよー(^^;;;;

    PC使ってる = なんでもできる と思われることが、結構あって、困ってしまう(^^;;

    元気レベル

    友ちゃんに、「兎さん、元気ー?」って聞かれたら、
    元気ーーー(^^)/ って答えるさ。

    元気/元気じゃないの基準は、生きている/生きてない。
    生きてる間は元気だ!

    という私の主観は
    友ちゃんからは、「基準値低すぎー」と不評。
    いーじゃんよーーー。
    デジタルちっくでとても判別がラクでしょ(^^;

    クレイジーフォーユー

    京都で3回目の観劇。
    荒川さんの階段落ちは今回も楽しかった(^^)

    アイリーン役が八重沢さんなのも嬉しかった。脚がキレイなんだもーん。
    アイリーンが大根足では説得力がない・・・(^^;

    前に見たときと芝居のテンポが変わっているように思いました。
    間の取り方にちょっと余裕を持たせて、笑いのツボを押さえている みたいな感じ。

    季節柄なのか、土曜日だからか、観客席はあまり観劇慣れしてない人が多いような雰囲気でした。
    開幕の音楽がスタートしても、あちこちでおしゃべりが続いていて。
    たまぁ~~に、ステージが始まってもお隣と感想をしゃべりながら見てる人とかいて、むぅ~とすることあるんで、ハラハラしました。
    そんなにお行儀の悪い人いなかったからよかったー(ほっ)

    観客席の笑い声も多くて、楽しかった。
    コメディは笑いながら見るのが一番楽しい。

    あなたな~ら どぉするぅ?あなたな~ら どぉするぅ?

    アッフォガードって、知ってる?
    バニラアイス(ソフトクリームもあり?)に熱いエスプレッソをかけたデザート。
    アイスもコーヒーも好きな私には、たまらな~いデザートです。

    でね。
    アッフォガードを頼むとき、飲み物ってどうする?

    コーヒーかけてあるんだから、飲み物いらない・・・というときもありだけど。
    それとは別に飲みたい時。

    コーヒーをかけたアイスを食べながら、もひとつコーヒー飲むのって、なんだか妙な気がして。

    でも、紅茶だとコーヒーと喧嘩しそうだし。
    オレンジジュース?? それもなんだかなー。

    ダイエッターのはしくれが、アッフォガードを頼むのは間違っている。
    は、ひとつの解(--;

    日記の効用

    朝があんまり寒くて。
    布団から出るのが辛いーーー(><)

    私、去年はどうしていたんだっけ??
    と日記をチェックしてみました。

    なるほど。

    2005年の私は、午前中は布団の中だった。
    ちなみに2004年の初夏~冬は、24時間中20時間位、布団の中にいた。

    記憶とゆーか、感覚なんてアテにならないなー。
    辛かったことって、忘れるようにできてるのね。
    自分に都合の悪いことって、上手にメモリーを書き換えるし。

    健康状態とか、業務能力やスキルとか。
    他人と比較してもしかたがないさまざまなこと。
    比較するのは、過去の自分と判っていても、
    脳内メモリーがこんなにアテにならないのなら、
    備忘録代わりにメモを残しておくのって、大事。

    明日の私が、今日より元気でありますように。

    チケット

    RENTを見に行ったとき、チケット忘れました。
    友ちゃんがもってるとばっかり思ってて、全然確認してなかった。

    「どうする~~?」って心配する友ちゃんに、私は自信を持って、「大丈夫。何とかなる。」って云いました。
    そういうドジをやるの私だけじゃないから、きっと何か方法はあるはず。

    窓口でチケット忘れたこと伝えて、自分の席番を言えば、保証金を払って仮チケット発行してもらえました。
    あとで自宅にあるチケットを送れば、保証金は返金してもらえる。

    劇団四季の場合、会員予約で買ってるときは、会員番号を言えば照会して、入場させてもらえます。

    だてにあれこれドジやってるわけじゃないもーーん。
    って友ちゃんに自慢したたけど、あまり誉められた話じゃない(笑)

    でもそういうことも、覚えてると、何かといざというときに便利だよ?

    話、聞いてよー

    ネットでお買い物したの。
    受注確認の自動返信メールに「商品の発送は、入金確認後になります」って書いてあったから、今夜入金したらいつ届くのかなー って知りたくて、サポートに電話しました。

    私:さっき注文して、入金は帰宅後になるんですけどぉ~
    サ:無理です。

    ・・・(;_;)
    私、まだ質問してないよー。

    「急いでるから先に商品送ってください」って、ゆー人が多いんだろうなーーー って、想像つくけどさー。
    でもさー、私はそんなこと言うつもりじゃないのに。

    せめて、話聞いてから返事してよー。

    本を売る。

    久しぶりにガツガツと本を読んでます。
    活字に飢えてるなーーーー。

    ふらっと入った本屋さんで、うっかり単行本1冊立ち読み。
    ・・・すみません(^^;
    それは、ブログを書籍化したもので。
    単行本は完結してない。ブログ継続中~ ってことなんで、自宅で続きを読みました。

    すっごいねー。「事実は小説より奇なり」ってゆーけど、ほんとーにこーゆーことあるんだぁ(@@)内容に圧倒されて、久々、貫徹しちゃいました。

    その後、ざざっとネットサーフィンしてて。
    ブログ主が、元ネタを某巨大掲示板でスレたてしていたことをしりました。
    まとめサイトをちらっと読んで。
    ふーーーん・・・

    で。
    こっから先は、何の証拠もないんだけどね。
    たんに私の勘とゆーか、思い込みだけど。

    「そっか。最近は、出版社がそーゆー方法で販促するようになったのかー」

    ブログの内容がウソだとは思わないです。
    だけどね、ちょっと巧すぎる。
    素人が自分の体験をネタに、一連の出来事を書いていって、「読ませる」ものにするのって相当、レベル高い。
    このブログの場合、プライバシーに最大限配慮しなくちゃいけないから、事実とフィクション取り混ぜて、隠すべきことは絶対隠した上で、読み物にする。

    生業として小説を書いている人は、ちゃんと構成を練って、推敲を重ねて本を書いているじゃん。
    素人が、過去の出来事とはいえ、逐次更新で各章を書いていって、ここまで書けるかぁ~~~~??
    例えば、内田春菊が「ファザー・ファッカー」を週1ブログ書き下ろしして、あのクォリティになったかなぁ? って思う。

    小説家はできるかもね。新聞連載ってあるんだし。週刊誌だって連載してる。
    けど、書き下ろしで読ませる作家さんも、連載ものはレベル落ちるよ?
    連載ものって、単行本にするとき、推敲しなおすし、編集の手もはいるけど。
    それでも、かっちり書き下ろしたものと比較すると、格段の差があるよね。

    この間、「裏家業」を紹介した本を読んだんだけど。
    ゴーストライターって、裏家業なの?
    私は、ふつーの職業だと思ってました。
    タレント本をライターさんが書いているのって、みんな知ってることじゃないの?

    掲示板でネタを見つけて。書籍化の話が出て。
    スレ主の経験をライターさんが書き起こして。
    ブログにして話題集めて、出版。
    私には、すっごく納得できる流れです。

    私は、別にそれが悪いなんて思わないもんねー。
    インターネットとゆーメディアを使った、出版業界の新しい販促。
    自分のところの商品を売るために努力するのは、悪いことじゃない。
    出版社にとって、本は商品だもの。
    素材をどこで仕入れるか? それをどう売り出すか? っていうのは、販売業の基本じゃない。

    ネットが普及して、出版業界っていろいろ厳しいと思うんだけど。
    こーゆーやり方してくるとは、さすが新参のネットと違い長い歴史をもつ業界だけあって、したたかじゃない。
    頑張れ、出版社。
    私はネットも好きだけど、やっぱり本が好き。

    視* といえば?

    友ちゃんが、カメラのマニュアル見ながら、「しど調整って何だろう?」ってゆった。

    私:どういう字を書くの?
    友:みる
    私:シカンの視ね

    ゆった直後に

    「視線の視 とか、視力の視とか、他の単語あるでしょーーっ」
    と力いっぱい自分突っ込み(*^^;

    視姦はないだろ、視姦は。

    エリザベート

    オリジナル・ウィーン版が遂に日本上陸! ってことで、ミュージカル「エリザベート」のポスターがあちこちに貼ってある。

    きゅぅー(><)

    友ちゃんが、エリザベートをすっごく好きで、ウィーンに観劇に行っちゃうくらい好きで。
    「すっごくいいから~~」と薦められて、友ちゃん宅でビデオを見たことがある。

    きゅぅぅぅぅ~~~~~(><)

    この話は私にはダメ・・・
    友ちゃんコメントによると、「どんなに辛いことがあっても、死の誘惑に負けないで生きてかなくちゃいけないんだよ」という、とっても前向きなテーマのストーリー。

    けど、私はしんどい時に死神から「こっちおいでー」って言われたら、「は~い」ってゆっちゃうなぁ・・・
    見たタイミングも悪かったんだろうけど。
    すっごくどんよりーxxxxx で辛かった。
    別友から、「大丈夫。死神にも好みはある!」と断言してもらって、浮上したけど。

    エリザベートは大作なだけに、何度も上映されている。
    以前も、梅田かどっかでやってたし。

    ポスターを見るたびに「・・・(><)」な気分になるのが辛い。

    少佐といえば……?

    1)シャア
    2)編集長
    3)エーベルバッハ

    私は3番。

    王様といえば、ドン・ペドロ。

    青池さんの公式サイトによるとエロイカはしばらくお休みで、なーーんと!アルカサルががスタートする!!

    プリンセスGOLD3+4月特大号「アルカサル」完結編(100ページ前後編の掲載で計200ページ)掲載予定。
    きゃぁ~~~~(^o^)/~~~~

    あきらめずに待ってて良かった。うれしい(><)

    ちなみに少佐の部下Bが持っていったビデオの「カステラ屋どんちゃん」は、王様のことです(笑)

    うべなう

    このかなしみを

    よし とうべなうとき

    そこにたちまちひかりがうまれる

    ぜつぼうとすくいの

    はかないまでのかすかなひとすじ

                        八木重吉[幼き歩み より]

    湯たんぽ

    冬です。寒いです。
    私は暑いより寒いほうが好きだけど、やっぱり寒いです。

    冬は何が好きって、湯たんぽがあるから好き。
    今年の湯たんぽ解禁日は、例年よりちょっと早くて、11月3日。
    ちょっと早いかなと思ったけど寒かったんだもん~~

    電気毛布とかだと、寝ている間に、熱くなってくるし。
    肌とか乾燥してカサカサしちゃう。
    湯たんぽは、優しくあったかいから好き。

    私の家には、友ちゃんが遊びに来た時のために友ちゃん用湯たんぽも用意してある。
    初めて使う人は、湯たんぽの温かさに驚く。

    い~でしょ~~。暖かいでしょー(^^) って自慢したら、
    「いつもは旦那と寝てるからー」って切り返された(^^;

    ・・・いーもん。私には湯たんぽがあるもん。
    湯たんぽは、夜中にお布団を取ったりしないしね(笑)

    合い鍵

    合いかぎを作りました。
    新しい玄関には二つかぎがついてるから、2本ずつ4本作りました。
    家に帰って、開くかどうかチェックしようとしたら、4本中3本が穴に入らない。
    穴に入る1本は、回らない(ーーメ
    今まで合鍵作って、こんなことなかったのに。
    なんで全滅?
    せっかく作ったのに、、、。
    次の休みでないと鍵屋さんにいけない。

    私はちょっと悲しい。

    RENT

    RENTを見てきました。
    ブロードウェイで大ヒットしたミュージカル。
    映画にもなった話題作。
    ……とゆーことだけど、私は知りませんでした。
    前知識なしの白紙状態で観劇。

    オープニングでまず思ったのが、「甘えてんじゃねーよ」で(笑)
    夢を見るのはいい。社会の枠にはまるのがイヤで、ボヘミアン気取るのもいい。
    だけど、最低限、家賃(RENT)は払えよなー。
    夢だのなんだの言う前に、自分の生活費ぐらい稼げよ。

    1000回のキスは嬉しいけど、それと家賃は別問題。
    最低限、家賃と生活費は自分で稼げ。
    それやらずに夢だのなんだの寝言言うやつって、ほんと迷惑(--凸
    と、実体験をリアルに思い出しちゃうと、今ひとつ乗り切れないのでした。

    だけど。自分がハタチの頃って、あんな感じだったよなぁ(笑)
    あんなにきっぱりと「夢」をもつこともなく。
    その日暮らしで。定職もなくて。
    なぜか夏には無職で、バイクのってキャンプツーリングして。
    家賃は払ってたし、自力で生活してたけどー <<重要

    今、フリーターやらニートやら社会問題になってる。
    「フリーター」って単語ができたのは1985年で。
    私が高校でてその日暮らしを始めたとき、私にはフリーターという社会的地位(?)すらなかった(爆)
    バブルの華やかさとは縁がなくて、金のない友ちゃん連中とたむろっては馬鹿騒ぎしていたような。

    そんな頃にRENTを見たら、リアルにハマったと思う。
    もし今から20年後に見たら、懐かしく思いながら見ることができるかもしれない。
    けど、今はそのどちらでもなくて、やっぱり「青くさっ!」と思っちゃう。
    中途半端な歳だなぁ・・・と、今の自分をつまらなく思っちゃうのでした。

    ステージは、音楽がどんどんどんどんよくなっていって、迫力があってよかった。
    話の展開も1幕より2幕の方が共感持てたし。

    つるんでた仲間が、それぞれ違う方向に進みだして、ばらばらになっていくのがリアル。仕事に現実逃避するのは、正しいでしょ。
    クスリや男に逃げるより数段、マシ。
    夢の仕事と違っても、やりたくなくても仕事して、その中で力をつけて、やりたいことは忘れずに、いざっていうときのスキルとエネルギーにするとゆーのは、正解じゃない。
    やりたいことをやるためには、他に手段なんてないしね。

    甘えを自覚して、それでもやっぱりやりたいことをやるっていう結論が力強くてよかったなー。

    RENTは、客層が若いーーー。
    四季や他のミュージカルと比べると、断然若い。
    客席も盛り上がっていて、楽しそうだった。
    私も20代の時にRENTを見たかったなぁ。そしたら、同じくらいハマれたのに。

    今の私にとって「RENT」は、苦笑したり、懐かしかったり、うらやましくてさみしかったりするミュージカルでした。

    石は石でも

    お引越しの荷物を梱包してるとき、台所の担当しているお兄さんが、「この石はどうしますか?」って聞いてきた。

    石って……

    確かに石だけど、

    それはね。「砥石」って言うんだよ。

    高台寺の夜紅葉

    京都に、夜紅葉を見に行ってきました。
    池に映る紅葉が幻想的という高台寺。

    すごい人でした。カップル大杉。

    池に移った紅葉は、本当にきれい。
    だけどとにかく人が多すぎ。カップル多すぎだってば。

    えっと。
    チケット買うだけで、小1時間並びます(--;
    冗談じゃないって感じ。

    私はとっても運がよくて、「チケット売場はどこですか?」ってお兄さんに聞いたら、円徳院との共通点があるよって、教えてもらいました。
    そのお寺の方は、そんなに混んでなくて、すぐにチケットが買えて入ることができた。
    混んでないって言っても、行列できるぐらいには混んでるんだけど。
    高台寺に比べたらずっとまし。
    チケットもってたら、高台寺も並ばずに入れます。
    これから行く人は、先にチケットを買っておくか、円徳院で共通券を買うといいですよ。

    せっかくお寺に行ったのに、ライトアップしているところしか見ることができないのは、やっぱりちょっと残念。
    お寺の中の展示もあったけど、とてもゆっくり見られる雰囲気じゃなかったから、あきらめた。今度はシーズンオフに、のんびり行って来たいな。

    無料ってなに?

    同じく不動産やさんにて。
    「あ、安全保障サービスのパンフレットをお渡ししていませんでした」と1枚の紙を渡されました。
    15000円って・・・。

    これ、払うの?

    「いえいえ。既に先日、お支払いいただいております」

    ・・・明細書にそんな項目あったけど、説明受けてないし。
    これ、なあに?

    鍵をなくした時に、サービススタッフが来て無料で開けてくれる。
    トイレが詰ったときや、水道のトラブルなど、24時間無料対応してくれる。
    具体が悪くなったときには、メディカルセンターに電話をすると無料で相談に乗ってくれる。

    そういう無料サービスなんだそうです。

    入会金が15,000円。2年更新。

    えっとーー。そういうのって「無料サービス」っていうの? かなー。

    これは入らなきゃいけないの? って質問したら、「皆様にご入会いただいています」って。
    2年たったらどうするの? --任意で更新してください。

    えっと。私は、最初から入会したくないんですけどー。

    だって、賃貸だもん。
    トイレや水周りにトラブルがあったら、大家さんに言って直してもらうじゃない。
    体調が悪くなったときに電話しても、お医者さんが無料で往診してくれるわけじゃないんでしょ?
    最初から、病院にいくなり、救急車呼ぶなりするよー。
    鍵は滅多に落とさないしーー(^^;; <<一番不安。

    15,000円を払う価値ってないと思うんだよね。

    ・・・だから、入会したくない。ってゆったら、すぐに返金してくれました。
    ゆってみるもんだね☆

    さっくり返金手続きしてくれるんだから、良心的な不動産屋さんだなー って思いました。

    お引越しその2

    ということで。
    昨日ははお引っ越しなのでした。
    お天気が良くてよかった。あったかくて本当によかった。
    窓も玄関をあけっぱなしで …… 以下 略(^^;

    おにーさんたちは朝8:00過ぎにやってきて、冷蔵庫とお布団を運び込んで。
    いざ新居へ。

    みんな、よく働くわー。えらいっ!!
    私なんて、お昼食べた後は、ぐったりしてぐずぐずモードに入っているのに。
    みんなテキパキテキパキ動く動く。

    荷物全部入るのかなー って心配していたとおり、入りませんでした(爆)
    押入れが狭くなったのが、一番の要因。
    せっかく運んでいただいた荷物を「処分」「処分」「処分」「処分」・・・ ごめん。

    しっかり急いで働いていても、動作に乱暴なところがないのもよかったなー。
    私に対して丁寧な応対をするのはもちろん、同僚同士の会話ややりとりも丁寧なのね。
    なんとゆーか、ぱっと見は街中や電車の中でたむろって、仲間内で大声で乱暴な口を利いてそうな子たちに見えるんだけどね。

    働き者のおにーさん達のおかげで、夕方にはほとんどの荷物が開梱終了。
    残っているのは、自分で梱包して自分で明けなきゃならないものだけ。
    細かいものが多いから面倒なんだよー(><)
    終わるのはいつだ・・・

    まだ足の踏み場もない状態だけど、新しい部屋はとてもお気に入り。
    早く片付けて、ゆっくりできるお部屋にしたいです~~。

    « 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

    2015年6月
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30        

    最近のトラックバック

    無料ブログはココログ

    ブログパーツ

    • なかのひと