« 視* といえば? | トップページ | 話、聞いてよー »

本を売る。

久しぶりにガツガツと本を読んでます。
活字に飢えてるなーーーー。

ふらっと入った本屋さんで、うっかり単行本1冊立ち読み。
・・・すみません(^^;
それは、ブログを書籍化したもので。
単行本は完結してない。ブログ継続中~ ってことなんで、自宅で続きを読みました。

すっごいねー。「事実は小説より奇なり」ってゆーけど、ほんとーにこーゆーことあるんだぁ(@@)内容に圧倒されて、久々、貫徹しちゃいました。

その後、ざざっとネットサーフィンしてて。
ブログ主が、元ネタを某巨大掲示板でスレたてしていたことをしりました。
まとめサイトをちらっと読んで。
ふーーーん・・・

で。
こっから先は、何の証拠もないんだけどね。
たんに私の勘とゆーか、思い込みだけど。

「そっか。最近は、出版社がそーゆー方法で販促するようになったのかー」

ブログの内容がウソだとは思わないです。
だけどね、ちょっと巧すぎる。
素人が自分の体験をネタに、一連の出来事を書いていって、「読ませる」ものにするのって相当、レベル高い。
このブログの場合、プライバシーに最大限配慮しなくちゃいけないから、事実とフィクション取り混ぜて、隠すべきことは絶対隠した上で、読み物にする。

生業として小説を書いている人は、ちゃんと構成を練って、推敲を重ねて本を書いているじゃん。
素人が、過去の出来事とはいえ、逐次更新で各章を書いていって、ここまで書けるかぁ~~~~??
例えば、内田春菊が「ファザー・ファッカー」を週1ブログ書き下ろしして、あのクォリティになったかなぁ? って思う。

小説家はできるかもね。新聞連載ってあるんだし。週刊誌だって連載してる。
けど、書き下ろしで読ませる作家さんも、連載ものはレベル落ちるよ?
連載ものって、単行本にするとき、推敲しなおすし、編集の手もはいるけど。
それでも、かっちり書き下ろしたものと比較すると、格段の差があるよね。

この間、「裏家業」を紹介した本を読んだんだけど。
ゴーストライターって、裏家業なの?
私は、ふつーの職業だと思ってました。
タレント本をライターさんが書いているのって、みんな知ってることじゃないの?

掲示板でネタを見つけて。書籍化の話が出て。
スレ主の経験をライターさんが書き起こして。
ブログにして話題集めて、出版。
私には、すっごく納得できる流れです。

私は、別にそれが悪いなんて思わないもんねー。
インターネットとゆーメディアを使った、出版業界の新しい販促。
自分のところの商品を売るために努力するのは、悪いことじゃない。
出版社にとって、本は商品だもの。
素材をどこで仕入れるか? それをどう売り出すか? っていうのは、販売業の基本じゃない。

ネットが普及して、出版業界っていろいろ厳しいと思うんだけど。
こーゆーやり方してくるとは、さすが新参のネットと違い長い歴史をもつ業界だけあって、したたかじゃない。
頑張れ、出版社。
私はネットも好きだけど、やっぱり本が好き。

« 視* といえば? | トップページ | 話、聞いてよー »

020_おたわごと ?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17907/12916265

この記事へのトラックバック一覧です: 本を売る。:

« 視* といえば? | トップページ | 話、聞いてよー »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • なかのひと