« スキップ・スキップ | トップページ | 結婚したいかも。 »

木下大サーカス

木下大サーカス

姫路に木下大サーカスが来ているので、見に行ってきました。
サーカスを見るのは、10数年ぶり。
子どもの頃にも、親に連れていってもらったことあります。

照明や演出がすごく派手になってました。
私の視線も、昔とは違って、イベントの構成や演出を見るようになっていて(笑)

オープニングで、お客の視線を上に集めておいて、照明が当たっていないフロアに次の出演者が控えているとか。
場面転換や出し物の繋ぎがうまいなー って思いました。

演技では、決死の空中大回転「ウィール・オブ・デス」がすごかったです。
両端に大きな輪がある装置に、人がはいって、バランスを取りながら空中で回転する。
えっとー、ハムスターの回し車? あれが両端についていて、人がクルクル回してるみたいな。
言葉で説明するのは、難しい・・・
公式サイトの写真を見て、イメージ膨らませて。
ウィール・オブ・デス

輪の中で前転したり、輪の上で縄跳びしたり、目隠しして飛び上がったり。
見ていてヒヤヒヤ。本気で手に汗かいちゃいました。
けど、やっている人は、楽しそう(笑)
あの人達は、「こんなことしたら、お客さん驚くだろうなー」ってワクワクしながら、技を考えているんだろーなー って気がしました。

ロシア人の女性の空中アクロバットは、天井附近にある輪に足首入れて、逆さづりで前後に歩い(?)ちゃうし。
天井から下がっている2本のリボンをスルスルと登って、リボンを腕や足に巻き付けて静止。いろんなポーズを取ったり、首をリボンに固定してクルクル回転したり。

ライオンや虎の芸や、象、きりん、シマウマも登場。
動物ネタは子どもにウケがいいですねー。
ほかの演技と食いつきが違う。

日本古来の芸、坂綱や青竹渡り7丁椅子。
一見、地味な出し物ほど習熟が必要なんだなー って、見ているだけでもわかります。
こーゆーのって、子どもの頃には、すごさがわからなかったなぁ・・・。
サーカスのすごさや面白さがわかるのって、大人になってからかもしれないって思いました。

出し物は30種類ぐらいあって、1回の公演で披露するのは、17種類位。
日によって、プログラムが変わる・・・と知って、「え~~~。他のも見たいー」と思ってます。

誰か、行く人いないかなー(^^)

« スキップ・スキップ | トップページ | 結婚したいかも。 »

04_舞台/映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17907/13345744

この記事へのトラックバック一覧です: 木下大サーカス:

« スキップ・スキップ | トップページ | 結婚したいかも。 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • なかのひと