« ダイエット最大の敵 | トップページ | ケーキの法則 »

民法772条

参照:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070204-00000015-mai-soci

女性は離婚しても、半年間は再婚できない。
離婚後300日以内に生まれた子供は、法律上は前夫の子となる。
と、民法で定められている。

男性は離婚した翌日に再婚できるし。
再婚相手が初婚の女性ならば、婚姻届を提出したその日に子どもが産まれても「父親」として認められる。

母子関係は妊娠・出産の過程を経るから明確だけれども、父子関係は推定しかない。
だから、法律上、摘出推定するために、上記の期間を定めてる。

でもさー。
「離婚後300日以内に生まれた子供は、法律上は前夫の子となる。」の民法は、DNA鑑定なんてあり得ない時代、明治時代に定められた法律でしょう。
110年の間に、これだけ社会に仕組みが変わっているのに、どーして法律が現状に合わせて整備されないの?

本来なら同法律によると、出産が婚姻から200日以内の場合は、認知しなければ実父と認められないのよね。
だけど、いわゆる「できちゃった婚」の場合は、1940(昭和15)年に民事局長より通達があって、「推定されない嫡出子」扱いで、認知しなくても夫の戸籍に入るというのが認められている。
だから、再婚♂と初婚♀の子どもは即日認知なのね。

初婚同士のできちゃった婚、再婚♂と初婚♀のできちゃった婚は、なしくずしに認めているのに、再婚♀のできちゃった婚のみ、法律にのっとって厳密な手続きを必要するって、整合性ないじゃない。

法律は離婚したオンナに冷たい。

戸籍制度がなくなって、「個」籍になればいいのになー。
そうしたら、夫婦別姓問題も解決するし。

« ダイエット最大の敵 | トップページ | ケーキの法則 »

020_おたわごと ?」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
戸籍ですが、一応、記載されている情報は個人ごとに記載されているようで。。。
(「戸籍謄本」から一部を抜き出した「戸籍抄本」の内容は同じですし)
実質的には「個」籍なのですが、ただし、編成原理として「夫婦とその間の氏を同じくする子」が厳然と存在しているんですね(ため息。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17907/13784983

この記事へのトラックバック一覧です: 民法772条:

» 「300日規定」見送り [たんぽぽのなみだ~運営日誌]
4月6日の新聞記事なので、いまさらながらで恐縮ですが、 今年のはじめあたりから議論されていた、「離婚後300日」規定は、 自民党法務部会で反対され、「見送り」になってしまいました。 「300日規定、仕切り直し 家族制度の崩壊懸念」 どうやら、300日規定と合わせて、..... [続きを読む]

« ダイエット最大の敵 | トップページ | ケーキの法則 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • なかのひと