« 今日もいい日でした。 | トップページ | エル・アルコン »

盲導犬の事故死

中日新聞のニュースに、中部盲導犬協会が事故死した盲導犬の損害賠償を求める訴えを名古屋地裁に起こしたという記事が掲載されている。

=要約=
事故があったのは、2005年9月26日、午前10時頃。
ユーザーが盲導犬と一緒に信号交差点で横断歩道を歩行中、右折してきたトラックに跳ねられた。
盲導犬がユーザーを庇ってユーザーの前に立ちはだかった盲導犬は、トラックに跳ねとばされて即死。ユーザーは頭を強く打ち、全治2ヶ月の重傷だという。

中部盲導犬協会が、死亡した盲導犬を育成した当時の年間育成費をその年に育成した頭数で割、1頭あたりの育成費を算出。慰謝料100万円を合算し、約540万円を請求した。

訴訟前の交渉で、運転手と会社側は、「子犬価格10万円」とし、20万円の支払いを呈示したという。
中部盲導犬協会は、「盲導犬育成には、長い時間と労力、費用がかかる。視覚障害者に寄り添う盲導犬は人間の体の一部であることを理解してほしい」と語っている。
運送会社の社長は「弁護士に一任しているので、コメントできない」としている。
==

事故で亡くなった盲導犬「サフィー」の冥福を祈ります。

目の不自由な方が、自身の目の代わりとなり日常生活を助けてくれる盲導犬を事故で失うのは哀しすぎる。ユーザー(盲導犬のオーナーをそう呼びます)さん2度失明したようなものではなかろうか。

盲導犬は、不服従訓練されていて、ユーザーさんが、安全と判断して前進の指示を出した時でも、犬が危険を判断すれば指示に従わないです。
ユーザーさんは、盲導犬のそうした「利口な不服従」を信頼しているから、道を歩くことができるのに。
今回の事故は、トラックが右折してきたとあるから、盲導犬には危険が判断できなかったのだろう。事故の瞬間、ユーザーさんを庇うくらいだから、本当に誠心誠意ユーザーさんを守って歩いていただろうに。

盲導犬の育成に時間が掛かること、費用がかかることは、いろんな場面で耳にする。
単に費用と時間の問題だけではなく、盲導犬の育成訓練を受けても、適性が合わず10頭中3~4頭しか盲導犬にはなれない。犬自身も努力して、盲導犬になっている。
それをどうして「子犬価格」ですませてしまおうと思えるのだろう。

サフィーがユーザーさんを庇わなかったら、ユーザーさんが亡くなっていたかもしれないのに。その可能性は十分に考えられるのに。

運転手の方と会社側が「たかが犬」という考え方を改めて、誠意ある対応をしてくれることを願う。

« 今日もいい日でした。 | トップページ | エル・アルコン »

020_おたわごと ?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17907/40010324

この記事へのトラックバック一覧です: 盲導犬の事故死:

« 今日もいい日でした。 | トップページ | エル・アルコン »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • なかのひと