« アマゾンにみる デザインの本質 文化輸入の失敗 | トップページ | 今日もいい日でした。 »

小麦粉所持の顛末

米国の某州の空港で。
女子大生がコンドームに小麦粉を入れて持ち歩いていたら、麻薬と間違われて逮捕され、収監されたという。
3週間後に小麦粉であるという鑑識結果がでて、放免。
当の女子大生が人権侵害で訴える! と言い、州が2000万円を支払って和解。

そんなニュースの話を友ちゃんにしたら。

「いいなぁ~~ それ・・・」

とゆー反応だった。

だよねぇ。
私もそう思ったもんsweat01

ちなみに、その女子大生がなぜそんなことをしていたかとゆーと。

単なる、冗句。

実際に、麻薬をそうやって運んでいる売人さんがいるそうで。
それを真似して遊んでいたそうです・・・

« アマゾンにみる デザインの本質 文化輸入の失敗 | トップページ | 今日もいい日でした。 »

020_おたわごと ?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17907/40359920

この記事へのトラックバック一覧です: 小麦粉所持の顛末:

« アマゾンにみる デザインの本質 文化輸入の失敗 | トップページ | 今日もいい日でした。 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • なかのひと