« ブラックコメディ | トップページ | 今日もいい日でした。 »

ヤマトタケル

ヤマトタケル
スーパー歌舞伎「ヤマトタケル」を見てきました。
楽しかったです。

そっかー、歌舞伎って、歌って舞って演技するわけだから、ミュージカルなのね!!
と納得してきました。

ド派手な演出が楽しすぎます。
大碓命と小碓命(ヤマトタケル)は一人二役なんだけど、二人が争うシーンではちゃんと役者は二人でてくる。けど、今日の主役、市川段治郎が演じている時は面をあげるけど、他者が演じている時は絶対客席を向かないし面も伏せている。そして、柱の影に隠れて衣装の早変わりをして、舞台に現れる早さときたら。

1幕の熊襲討伐の立ち回りが、これでもかとゆーくらいアクロバティックというか、派手派手。
樽が転がりまくり、樽を投げ合い、大道具の壁をぶち破って乱闘する。
大道具の2階からばんばん役者が飛び降りるところなんて、
あぁ~往年の全員集合を彷彿させるような。・・・一緒にするなと言われるでしょうが。
他に適切な例えが思い浮かびません・・・

ミュージカルは、女性に受けるストーリーやキャラ設定になってますが、
歌舞伎も同様。ただし、“女性”の年齢設定が高い。
ヤマトタケルがおばさま受けするキャラになっているのが、笑える。
戦う時は毅然として強いのに、帝の仰せにも健気に耐えるのに。
叔母様の元では、泣き言言って愚痴をこぼして、母性本能くすぐりまくり。
うまいとこ突いてますねーーー・・・

場面が変わるたび、ヤマトタケルの衣装が派手になっていくのも、見ていて楽しい。
場面転換の仕掛けや、役者さんの衣装、軽業師のような立ち回り、
コメディタッチの台詞もあって、次から次へと楽しかった。
大衆娯楽なんだねぇ・・・ と、楽しんできました。

最期にフライングがあるのは知っていたけれど、まさか3階席に飛んでくるとは思わなかったです。

個人的には、上手に控えて「ツケ打ち」やってるお兄さんがめちゃかっこよかったです。
あ、もちろんお兄さんは見えませんが、ツケの音がカッコイイんだもん。
派手で。
役者さんの動きにぴったり合っていて、舞台が盛り上がるったらありゃしません。
いいなぁ、あの技、私も覚えてみたい。
ロボットバトルにツケ打ち入れたら、ワクワク盛り上がりますよ。絶対!!

« ブラックコメディ | トップページ | 今日もいい日でした。 »

04_舞台/映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17907/41341415

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマトタケル:

« ブラックコメディ | トップページ | 今日もいい日でした。 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • なかのひと