« 今日もいい日でした。 | トップページ | 今日もいい日でした。 »

大阪市立科学館

大阪市立科学館に遊びに行ってきました。

マニアックな展示が満載で、とても楽しい科学館です。

そろばん・計算尺・手回し式機械計算機・電動機械計算機・電子式卓上計算機(電卓)という計算道具の変遷を紹介しています。
計算を行うことは、日常生活だけでなく、科学技術の発展に必要不可欠なことで、これまでさまざまな計算道具が発明されてきました。しかし逆に、その科学技術によって計算道具が発展してきたともいえます。現在では財布の中にでも入るカード電卓がありますが、このように小さて軽い計算機が普及するまでに、さまざまな計算道具の歴史があったのです。

科学技術の発展には、計算が不可欠である。
とゆーことで、過去から現代までの計算道具が展示されてました。

そろばん、計算尺、手回し式機械計算機、電動機械計算機、電卓、ソロカル、カード電卓。

電卓を見慣れた目には、“巨大”と形容したくなる電動機械計算機の解説に
「モーターが発明され電動になったため、計算に体力を使う必要がなくなった」
と書いてあったのに、受けました。

計算に体力!

考えたこともなかったけれど、手回し式機械計算機で大学の先生方が難しい研究をしていたのよね。
今ならPCが瞬時に答えを出す計算を、手回しで体力で計算していたのね。
人って、すごい。
便利な道具は、あった方が便利だけど。
道具は誰がどう使うか が最重要なんだなぁ と思ったです。

初めてみた「ソロカル」には、笑った。
そろばんのヨコに電卓がついてんの。

電卓って、かけ算/割り算には便利だけど、足し算はそろばんの方が早い。
余り算も電卓ではできない。
だから、隣にそろばんをつけました。と。

電卓の答えが合っているかどうか、そろばんで検算する人も多かったそうです・・・
・・・電卓の立場って、、、

« 今日もいい日でした。 | トップページ | 今日もいい日でした。 »

020_おたわごと ?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17907/42700182

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪市立科学館:

« 今日もいい日でした。 | トップページ | 今日もいい日でした。 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • なかのひと