« 1月の読書/映画/観劇 | トップページ | 今日もいい日でした。 »

マンマ・ミーア

ミュージカル映画「マンマ・ミーア」を見てきました。

四季のミュージカル「マンマ・ミーア」を繰り返し見るほど好きで、映画の公開をずっと楽しみにしてました。

ステージと違って、エーゲ海の風景の中でストーリーが展開する。場面転換が自由に行える分、物語に幅が広がるし、シーンも自由に変えられる。映画だからできることが一杯あって、見ていてワクワクしました。

が!!

ドナ。

21やそこらでシングル・マザーになって、20の娘がいるドナ。
40そこそこの設定なのに、なぜ、あんなに老けてるのっ!!!!

私は、四季のステージしか見たことないから、海外の40代ってこんなもの?
いやそれにしても・・・

ドナは一人で娘を育ててきたって設定だから、人生の苦労をにじませているのか?
いや、それにしても、、、

メリル・ストリープって幾つよ? と思って、帰宅後調べたら、60歳。

あり得ない~~~。いや、とても60歳には見えません。50代だとばかり。
けど、40歳の役はいくらなんでも無理。
友ちゃんは、「ソフィ役が幼すぎる」ってゆってたけど、私は「彼女は普通に年相応に見える。ドナが老けすぎ」って反論。やっぱりその通りじゃん、、、

何がまずいって、ドナに60歳のメリル・ストリープをあてるから、トリオを組むターニャとロージーも、60歳間近の女優。

ストーリー半ばで、軽いビーチボーイがターニャにラブアフェア仕掛ける場面があるけど、これがもぅ、イタいイタい。
親子ほど歳が違うってのなら、まだありかもだけど。ビジュアルが孫ほど違うんだもん。
いくらなんでも、このターニャをナンパしないでしょ??

映画終わった後に、女性客が口々にドナ役の年齢を話題にしてました。
いやー、もーーー。同感っ

ということで。

ミュージカル映画「マンマ・ミーア」は、おばさん賛歌です。

主役やソフィじゃない。まぁ、もともとミュージカルもW主役って感じなんだけど。
映画に関していえば、ドナとおばさん'sが主役。

女は幾つになっても(60歳でもっ)、何があっても元気でいられる。
お金がなくても、仕事で苦労しても、男がいてもいなくても、必要になれば一気にゲットできる。
凹むことがあっても、とりあえず、笑って歌って踊ってしまえ。
おばさんパワー万歳っ

って感じ。

うーーーん。

なんか、ちがーう。マンマ・ミーアとちがーう。
って気がするけど。

まぁ、これはこれでいっかー。
という気になる。

採点、甘いなー。私。

ギリシャの風景、綺麗だし。
"Dancing Queen"に合わせて、若い娘さんからおばあさんまで、島中の女が一斉に踊り出すシーンなんて、爽快だし。落ち込むことがあっても、自力で元気でいられる女 ってのは、すっごく強い。

40代の女優がドナをやってたら、50歳になって映画を見返した時、共感できないかもしれない。
けど、60歳のメリル・ストリープがドナ役をやってるマンマ・ミーアなら、60過ぎて見ても、元気もらえるかも。

とまぁ、おばさん賛歌をヨシとする私的には、まぁ、OKかなー と。

そうでないと、かなり厳しい感想になるだろうな(^^;

« 1月の読書/映画/観劇 | トップページ | 今日もいい日でした。 »

04_舞台/映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17907/43928014

この記事へのトラックバック一覧です: マンマ・ミーア:

« 1月の読書/映画/観劇 | トップページ | 今日もいい日でした。 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • なかのひと