« 3月の読書/映画/観劇 | トップページ | 四月莫迦じゃないもの »

ホノカアボーイ

・・・・つまんなかった。

あれだけたくさんの料理が次々と出てくるのに、「美味しそう~~ 食べたい!」って気に全くならなかった。

となると、最後の「ごちそうさま」が全く響かないのね。

モラトリアム(死語?)してる若いにーちゃんを描くにしても、もう少し、行動させてよね と思う。今時だと、引きこもってないだけマシ という扱いなんだろうか?

人間として出来上がってる老人達が、天国のような風景の南の島でたゆたおうようにゆったり生きていくのはOKだけど、ボーイがその空気の中で同じペースでのんびりのんびりして。どーやって成長すんのよ・・・

数少ない台詞は、機微も綾もない直球単語で。キャッチコピーを投げつけているだけみたい。

予告編はいい雰囲気だったのになー。なんで、こんなに本編はあれ?? なわけ? と思ったのですが。監督がCMディレクターと知って、納得。

周囲の女の子はラストシーンですすり泣きしていたので、私がターゲット外なんだろうな。

« 3月の読書/映画/観劇 | トップページ | 四月莫迦じゃないもの »

04_舞台/映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17907/44527761

この記事へのトラックバック一覧です: ホノカアボーイ:

« 3月の読書/映画/観劇 | トップページ | 四月莫迦じゃないもの »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • なかのひと