« 今日もいい日でした。 | トップページ | 今日もいい日でした。 »

マリア・カラスの真実

テアトル梅田で「マリア・カラスの真実」を見てきました。
うーーん・・・難しい。
マリア・カラスを知らずにこの映画を見るのが、そもそも間違っていました(^^;

友ちゃんが「長いワイドショーを見ているようだった」というのに、同感。
伝記なら、もっと内面を掘り下げるだろうし、
けど、ワイドショーなら下世話に突っ込みいれると思う。

最後の方で、マリア・カラスがインタビューに答えているフィルムがあって、
「私は“カルメン”のような悪女ではない」とゆってるけど、
そっかー??
カルメンはしょせん無学なジプシー女で、目先のことしか考えていない。
反してマリア・カラスはきっちり、自分にとってメリットのある男を次から次へと渡り歩いている。
群がる男が彼女の才能を賞賛して愛してというのは、あるにしても。
女の手練手管一切なしで、あれだけ豪華にもてるなんてないでしょ。と、思うですよ。

ワイドショー的な突っ込みのいれようはいくらでもあるけど、
それをやったら、すぐに怖い圧力掛けられそうだしね・・・ って思ったです。

子どもの頃から母親に愛されず、50過ぎても母を許すことができなかったというマリア・カラス。
親に愛されず守られていない子どもは、自分に才能があれば、それをより所として不退転の決意で突き進むしかないんだなぁ と。

あれだけの才能があって、賞賛を浴びて、豪華な男達に囲まれて、贅沢に暮らして。
なのに、最初から最後まで孤独な表情だった。

見終えて、切なくなりました。

« 今日もいい日でした。 | トップページ | 今日もいい日でした。 »

04_舞台/映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17907/44726423

この記事へのトラックバック一覧です: マリア・カラスの真実:

« 今日もいい日でした。 | トップページ | 今日もいい日でした。 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • なかのひと