« 今日もいい日でした。 | トップページ | CDプレーヤー »

スラムドック&ミリオネラ

クイズ・ミリオネラを一度も見たことがないから、臨終感もてないのかなー。
いちおーどういう番組かは知ってるつもりだけど、「ファイナル・アンサー」の緊張感や、最後まで勝ち上がる難しさを理解できてないもので。

今ひとつノレないのは、そのせいなのかも。

とか思ったりするんだけど。単に映画がつまらないということかもしれない。

つまらないというのは、ひどすぎかなー。
途中で「いつまでやってんだろ。早く終わらないかな」と思うことなく、最後まで飽きずに見れたんだから。

だけど、最後まで見ても、なんかこう釈然としないんだもん。

主人公のじゃマールは、どうしようもないくらい悲惨な状況の中で、必死に生きてきた筈なのに、それに対する共感というか、辛さが伝わってこないのは、なぜだろうなぁ。
私が同じような辛さを経験したことがないから?

って、それをいったら、全てのフィクションは未経験のことを描いているんだから。体験がない=共感できないという図式は成り立たない筈。

そういえば、前に見た邦画で同じような感覚を持ったことがある。
その時は、この映画に関わっている人達って、貧しい田舎暮らしを知らないんだろうな。だから、こんな上っ面でストーリー作れるんだろうな って思ったんだよね。

私はインドのスラムも社会情勢の厳しさも知らないけど。
この映画で描かれた厳しさが、上っ面に思えるから気持ちが乖離しちゃうのかもしれない。

« 今日もいい日でした。 | トップページ | CDプレーヤー »

04_舞台/映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17907/44827933

この記事へのトラックバック一覧です: スラムドック&ミリオネラ:

« 今日もいい日でした。 | トップページ | CDプレーヤー »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • なかのひと