« 今日もいい日でした。 | トップページ | 500円札/100円札 »

空気人形

「空気人形」を見てきました。

空気人形は、空気を入れて膨らます大きなお友達御用達の人形なわけです。要するに、昔からある女性の代用品。

空っぽな人形が「心」を持ってしまった--。
嬉しくて切ない愛の物語

というキャッチコピーから、人形とオーナーのラブストーリーを想像していたのですが、全く持って予想を裏切る内容でした。

心を持った人形が、秀雄(オーナー)の留守に街へ出て、ビデオ店の店員・順一に一目惚れしてバイトを始め、少しずつ親しくなっていく。夜は秀雄の住む家に戻り、人形として過ごす。

心を持つようになってから、秀雄の行為に嫌悪感を示すようになっていく人形を見ていると、それじゃぁ、オーナーの立場がないじゃない・・・ と思ってしまうのでした。

ただ、この映画は。

見ていると、誰が可哀想なのか、分からなくなる。

主要登場人物はもちろん、エピソードのように挟まれる都会に住む人々。

全員が、それぞれ孤独で病んでいる。

空気人形が「私、空っぽなの」というのと同じように、人間達も空っぽの状態で生きている。

生々しいシーンも多いし、レイプシーンもある。それってSMだよね?(人形相手の)という場面もあり、血まみれの惨劇もある。かなり際どくグロテスクな映画だけど、終始、淡々とキレイな映像で見せられるから、「切ない」という印象に仕上がっている。

人とのコミュニケーションを拒絶して生きる人のグロテスクな有様。私にとっては、そういうメッセージの映画だった。

« 今日もいい日でした。 | トップページ | 500円札/100円札 »

04_舞台/映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17907/46541124

この記事へのトラックバック一覧です: 空気人形:

« 今日もいい日でした。 | トップページ | 500円札/100円札 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • なかのひと