« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

僕等のチカラで世界があと何回救えたか

男性4人のユニットRUN&GUNの舞台を初観劇。「僕等のチカラで世界があと何回救えたか」
タイトルとテーマがどのようにリンクしているのか、私には今ひとつ理解できません・・・

母校の中学校へ教育実習に来た4人が、昔話を今に重ねる話。
俗にいう“キレる14歳”が、オトナとして社会の鳥羽口に立ったという設定。
サカキバラ事件をモティーフにしているので、のっけから暴力シーンなので、ちょっと見ていてしんどかった。
登校拒否の中学生が知的障害者をターゲットに死が目の前に見えるような虐め。虐めの域を超えた犯罪行為。教育実習生の一人は、昔、同級生だった知的障害者を同じようにターゲットにしていた。昔の虐めと今の虐めがシンクロして、自分は殺せなかったからお前は殺せと中学生を唆す。
舞台では放送禁止用語を連呼。

同級生4人のやりとりはコミカルな場面もあって、客席からは笑いもおこる。
その余波なのか、笑いを取ってるわけではないのに、知的障害者役の演技にも笑い。

最後の台詞を伝えたいのなら、他を題材にしてもよかったんじゃないのかなー と、正直思う。

一緒に見た男友ちゃんから、
あの年頃って、男は何かでトップに立ちたいと思うんだよね。勉強とかスポーツとか。そういう得意分野がないと、安易に暴力方面で目立とうとする。そういう青臭さがベースにあって、それ卒業した男といつまでも引きずっている男の話なんだよな。

と言われて。ちょっと腑に落ちる。
あぁ、演ってる役者さん達には、気持ちいいハナシなんだろうな。と。

この舞台を見て、いろいろ考えることができるのは、多感な少年時代を送ったことのあるオトナのオトコで。
けどねー。実際は、観客のほとんどがアイドル系の役者を見に来ている女子なわけで。
そんな、オトコのカタルシスみたいな芝居見せられても、なんのこっちゃって感じ。
帰り際に漏れ聞こえる感想も「虐めシーンは、やりすぎだよねー」みたいなところで終わってるし。

役者のみなさんが熱演しているのと裏腹に、客席までにはテーマも想いも伝わってきてないよねぇ。
と、残念感で一杯です。

あなたは人生の「主人公」

ハリー・ポッターは、親を殺された上、単身その敵と戦わなければならなかったから苦しかった。
ロッキーはチャンスに恵まれず、自分を信じられなかったから苦しかった。
ローマで休日だったアン王女は、最初で最後のロマンスを諦めなければならなかったから苦しかった。
仮面ライダーは、毎週怪人が出てくるから苦しかった。
ベルリンの天使は、人間に恋してしまったから苦しかった。
寅さんは、妹が優しかったからよけいに苦しかった。
ニュー・シネマ・パラダイスのトトは、恋人に裏切られたと思い込み、故郷を去らねばならなかったから苦しかった。
バカボンはパパがあんなふうだし、冬でも浴衣なので苦しかった。

みんな苦しかった。主人公だから苦しかった。
逆境も挫折もない主人公なんて、物語の歴史にはただの一人もいないから。
あなたもきっと苦しい。
なぜならあなたは主人公だから。
あなたの人生の主人公だから。

育ちが良くて、苦労もなくて、何もかもハッピーだったなんて人の映画を作っても誰も見ません。その作品には主人公がいないからです。
あなたはぐしゃぐしゃになって、いい具合に負けが込んできたところですね。
自殺で終わらせてしまうには、あまりにもったいないドラマ設定です。

2006年6月30日付 朝日新聞「相談室」(創作家 明川哲也)


リストラで失業し、再就職の目処がつかず、残された道は自殺だけ? と相談してきた男性に対する回答。

「ミス・ダンテライオン」「南十字星(サザンクロス)駅で」

キャラメルボックスを観劇。

今回は、ハーフタイムシアターなので、「ミス・ダンテライオン」と「南十字星(サザンクロス)駅で」の2本立て。

これは、クロノス・ジョウンターの伝説(著:梶尾真治)の3話と5話(最終話)になります。

クロノス・ジョウンターというのは、一種のタイムマシンで、物質を過去へ射出することができる。ただし、過去へ飛んだものは、一定時間が過ぎると、未来に弾き飛ばされてしまう。今ひとつ、実用性に欠けるタイムマシン。

そのクロノス・ジョウンターを使って旅する人達の軌跡を描いた、連作短編集なわけです。
舞台を見た後、原作本を買って帰り読みました。原作よりも舞台の方が面白い~~。

それぞれの主人公達は、死んだ恋人や友人を救いたい一心で過去へ飛ぶ。救った結果、自分と結ばれてハッピーエンドという結末は、最初からないのね。だって、自分は過去から遠い未来へ飛ばされてしまうのだから。それでも、救いたい。

全篇通じて、“生きること”を肯定しているメッセージが伝わりました。
そこまでまっすぐに、生きていることを肯定できるのって、すごいな。

痛いよ

昨夜、ねていたら、こぶら返りで痛くて飛び起きた。

子どもの頃から、こぶら返りとゆっていたけれど、方言みたいです。こむら返りのことです。

久しぶりだし、こんなに派手につるのは滅多にないんで、痛いったら。
今もめちゃ痛いし。

今もこんなに痛いのに、「痛いー」ゆって起きたのに、そのまま眠るんだから、すごいなぁ。自分。

その場でちゃんと処置しておけば、今頃痛みはひいているハズなのに(^^;

蒸し鍋

早速、蒸し鍋を食しました。

白菜・タラをメインに、付け合わせ的にジャガイモ・シメジ・豆腐。

ポン酢で食べました。んまっ!

最後、鍋底に濃い出汁が残っていたので、雑炊で〆ました。幸せです♪

今日もいい1日でした。

蒸し目皿

タジン鍋って形も可愛いし、美味しい蒸し料理できそうだし。
いいなー 欲しいなー と思うけれど。

収納を考えると買えません。置く場所ないもん。

そう思っていたら、デパートで蒸し目皿が付いた土鍋を見つけました。

コレ、いいな~。これなら、土鍋で蒸し料理もできる。

土鍋は持っているから、蒸し目皿だけ売っていればいいのになぁ。

と思ったら、近くの店にありました。

しかも、半額の赤札付き!

440円で購入。嬉しいー

明日はたっぷりのキノコを蒸して食べたいです。

今日もいい1日でした。

コンデジ、ゲット!

オーブントースターを買いに、街にでました。

電気屋さんが閉店セールしているのを見つけて、やったー! と、売り場に。

オーブントースターはあらかた売り切れていて。店頭に並んでいるのがない・・・

棚の下に、在庫はあるのに、値段が判らない。

忙しそうな店員さんを、ようやく捕まえて、お値段を確認すると、周囲にいた人からも
「幾らって言ってました?」と確認されて、答えると次々、持って行かれちゃう。

いやーー、私の分ーーーっ

3メーカーの中から、どれにしようか悩んでいると、売り切れてしまいそうで焦りました。

結局、1番高い(って2480円)国内メーカーに決定。

それがレジに持っていったら、2割引になったので、とても幸せでした。

あ、そういえば!!

夏以降行方不明だったコンデジ! 1万以下であるのなら、この機会に買いたい~~ と思って、売り場をチェック。

ソニーさんは、さすがに安売りでも2万円オーバーなので、諦めて。

PENTAXを購入。マクロ5cmの接写可能なGEにしようかなー と思ったのだけど、一眼レフをPETAXにして気に入っているので、メーカーを合わせました。

欲しいもの2つゲットできて、ラッキー。

今日もいい1日でした。

謝られちゃった

誕生日の件で、Niftからメールがありました。

「弊社のご登録情報に誤りがあり、大変ご迷惑をおかけいたしておりますことを、心よりお詫び申し上げます」と、とても丁寧に謝罪されて、困ってしまいました。

いや、私がデータをご入力しているだけだし。たぶん、わざと。

なんとなーく、

「誕生日は個人情報」って意識があって、ちゃんと入力するのがイヤだった。

ただ、当時は誕生日の入力欄があっても、それを個人情報として活用するまでは行ってなかったから、てきとーなこと書いても通ってしまっていたのね。

いつの間にやら、会員登録データとクレジットカード記載のデータを照合して、簡易的に本人確認するようになっていた。 と。

やっぱり、誕生日って大切な個人情報なんだわね と改めて思いました。

そういえば、クレジット会社に電話で確認する時にも、
「ご本人確認をしたいので、生年月日をお願いします」
と言われるものなー。

昨今の風潮を鑑みるに、そのうち「誕生日を人に教える時は、慎重にならないと」とか言われるようになったりして。

携帯電話の番号も住所も変更することができるけど、誕生日は変えられないしね。

劇団鹿殺し「スーパースター」

久しぶりの観劇。
劇団鹿殺しの10周年記念公演「スーパースター」を観てきました。
相変わらずパワフルな舞台でした。

私、自分がなぜこの劇団を好きなのか、今ひとつわからないのね。
テイストとしては、私の好みじゃないのに。
昨年、初めて観て以来、関西で公演があると聞くといそいそと足を運んでしまう。

主人公の星川輝一が住んでいる公団は、取り壊しが決定している。取り壊しに反対していた住民達も、輝一以外は全員退去してしまった。幼い頃に亡くした母との思い出が詰まった団地にしがみつくように住む輝一。
自分が夢見るスーパースター達を漫画に描いている。

演出家であり幼い頃の輝一役の葉月チョビさんは、演出の言葉として
「10年もすれば出来ると思っていたことは、今もなお出来ないことばかりです」と言っている。

輝一は、自分の心の中にいるスーパースター達に励まされながら、自分の星を見つけたくて、ジリジリとするような努力を続ける。才能がないのが悔しくて、認められないのが哀しくて、お金がなく見下される屈辱に耐えて。

子どもの頃から成功体験を持たずに、挫折だけを経験して。それでももう一度頑張るために、スーパースターが必要で。いつか、自分が自分のスーパースターになるために。

劇団鹿殺しがテーマにしている、青臭さを感じさせる夢とか理想や、ちらついているコンプレックスなんかが、今の私の気分に合うんだろうな。

今回のは、舞台装置が面白かった。背景の5×3段の四角い窓は、主人公の星川輝一が住んでいる公団。正面に広がるステージと、公団の窓がリンクしたり。、昔、公団に住んでいた幼なじみ達が顔を出したり。窓のカーテンにシルエットを映したり、公団に注目を集めている間に、ステージの場面転換をしたりとうまいなーって思いました。

初めてみた「ベルゼブブ兄弟」の時は、この人達、本気で歌がヘタなのかなー それとも演出でこう歌っているのかなー と悩んだものですが。今回観て、素でヘタなのね と納得。それがいいアジ出しているなと思うのです。

お誕生日

Niftyの支払いを変更しようとしたら、受付されません。

・・・あれ~~~ と、原因を確認したところ、個人情報に誕生日が記入されていないとダメらしい。

情報を見たら、入力はされているんだけど、日付が違う。

でもって、誕生日データは後から書き換えができない。

えーーーと。

困ったな。

15年前の私は、なんでだか誕生日を申告するのがイヤだったんだろうな。

10年オチどころじゃないくらい時間がたってから、困ったな と思ってます(笑)

ほうれんそう

ほうれん草のおひたしが、我ながら美味しくできた♪

以前、遊びに来た友ちゃんに出したところ、「どーやって作るのー?」と、質問されました。

ポイントは、茹で方。

たっぷりのお湯で、茎を5秒湯に浸してから、葉っぱもお湯に沈める。
というのは、基本です。

これを、ごく少量ずつやるわけ。

そーね。一度に5枚くらい。

買ってきた1把を、一度に茹でようとすると、お湯の温度が下がって、茹で上がるのに時間が掛かるでしょ。結果、ほうれん草の味が抜けちゃう。

茎を5秒茹でて、葉っぱをお湯に沈めて、葉っぱの色が変わったらすぐ水にあげる。
5枚ずつ、次々と茹でる。

でもって。大切なのは、絞ること。

水からあげたほうれん草は、ぎゅうぎゅうとコレでもかという位、水を絞る。
食べやすい長さに切った後も、両手でぎゅうぎゅうと1滴も水が出なくなるのを目標に、とことん握りしめて絞り上げる。

するってーと。味が濃い美味しいおひたしになるんだよ~♪

友ちゃんから「めんどくさい」と却下されました(T_T)

宅配便

住所ミスで、配送センターに戻されたのが1件。

パーツが不良品で、メーカー問い合わせが1件。

メーカー在庫切れで、納品遅延が1件。

同時期にオーダーしたものが、ことごとくトラブル。

小さなことだけど、続くと凹むわ~。しょんぼり。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • なかのひと