« HDD Regeneratorで不良セクタを修復する | トップページ | 今日もいい日でした。 »

「無伴奏ソナタ」@キャラメルボックス

久々のキャラメルボックス観劇。

内容に関して前情報ナシで観に行きました。

シリアスドラマで、ストーリーも決して明るいものではないのに、
暗いイメージがない。
観終わったときの、気持ちもハッピー。
いい芝居でした。

近未来社会では、政府が国民の職業を管理している。
乳児のときに行われる適正検査で、将来はほぼ決定される。
主人公のクリスチャン・ハラルドスンは、2歳のとき追検査で「音楽の神童」と判断され、英才教育を受けるため、両親の養育を離れ政府管理下で成長する。
森の中の1軒屋で、人と接しず外部の音楽と音楽の情報が一切遮断され、クリスが生み出すオリジナルの音楽だけが要求される。
30年後。
人生の全てに音楽しかないクリスが、禁止事項を破ったがゆえに、音楽を取り上げられる。

原作は1980年に発表されたオースン・スコット・カードの無伴奏ソナタ。
当時の思想を反映して、「未来は行きすぎた管理主義が人々を支配する社会」という設定。
初期設定やストーリー展開に、突っ込みどころは多々あって、ヘタな脚本や役者がやったら観られたもんじゃない芝居になるところ。
それを、どのように統制された社会であっても、表現したい思いは抑えきれない。情熱は消えないという骨子を、静かに伝えてくる。

キャラメルボックスらしい作品、成井脚本だなぁと感じました。

自分のやりたいことが揺らいだときには、もう一度、この芝居を観たい。
そんな作品です。

« HDD Regeneratorで不良セクタを修復する | トップページ | 今日もいい日でした。 »

04_舞台/映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17907/54872412

この記事へのトラックバック一覧です: 「無伴奏ソナタ」@キャラメルボックス:

« HDD Regeneratorで不良セクタを修復する | トップページ | 今日もいい日でした。 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • なかのひと