« 今日もいい日でした。 | トップページ | 今日もいい日でした。 »

「アスペクツ オブ ラブ」

劇団四季の「アスペクツ オブ ラブ」観劇。
衣装も舞台装置も、もちろん音楽もステキ。
照明が凝っていて最高によかった。

ただ、登場人物に共感できないものだから、ストーリーに興味が持てない。
観劇する際、私にとっては致命的。

一目会ったその日から、恋の花咲くこともある。とゆーことで。

17歳の青年アレックスは、女優ローズの舞台を見て、一目惚れ。
情熱的にくどき落として、別荘で2週間ラブラブ。

別荘の持ち主である叔父ジョージが登場した途端、
ローズはジョージに心変わり。
叔父には、恋人ジュリエッタがいるのに。お構いなし。

失意の中で軍隊生活を送ったアレックスが、12年ぶりに帰郷。
かつての恋人ローズに会う。
ローズは既に叔父と結婚していて、子どももいる。その家に招待。
ローズとジョージの娘であるジェニーは、自分の従兄にあたるアレックスに恋心をいだく。
ジェニーが成長するにつれ、アレックスもその思いに応え掛けるものの、
ジョージが許さない。
ジョージが急死すると、愛人関係を続けていたジュリエッタがアレックスに急接近。
ジョージの葬式夜に、即お持ち帰り。

傷つくジェニー。
私から離れないでとアレックスにすがり付くローズ。

とまぁ。
15歳のジェニーを除いて、みんながみんな情熱的というか、節操がないというか、手が早いというか。
よくまぁ、手近なところで次々と相手をとっかえて、それをフランスでは「大人の恋」と呼ぶのか・・・。

昭和世代の私には分らない感覚ですが、
いまどきの、草食主義恋愛しかできない若者達には、もっとついていけないんじゃないのかと。

それとも、恋愛ベタ世代に向けて、「ほ~ら、これっくらい気軽にやっちゃえやっちゃえ!」というアンチテーゼなのか。それなら分るかも(^^;

とにかく登場人物の誰にも感情移入できず、ストーリーも興味持てないので辛い。
ストーリーとキャラクターあってこそのミュージカルだなぁ と、痛感しました。

照明効果が好きなので、そこに集中できたのは嬉しいかも。

« 今日もいい日でした。 | トップページ | 今日もいい日でした。 »

04_舞台/映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17907/55275270

この記事へのトラックバック一覧です: 「アスペクツ オブ ラブ」:

« 今日もいい日でした。 | トップページ | 今日もいい日でした。 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • なかのひと